政治問題

ユーロビジョン2019

●歴史
●優勝者
●2019年の開催地はテルアビブ
●マドンナ
●政治問題
●終わりに

歴史

皆さんはユーロビジョンと言う歌謡祭をご存じでしょうか?
ヨーロッパの国々が代表を送り込み、どの歌が一番良かったかを決めるコンテストです。1956年に第一回がスイスで開催され、7ヵ国が参加。
優勝は開催国のスイスでした。

年々採点方式を変えつつ、また参加国が増えたことで準決勝、決勝制を導入。
採点方式

もっとみる

#5「新しい一年と水問題」

3人だけの地球倶楽部

00:00 | 00:30

みなさん、こんにちは。
大学生3人がお送りするインターネットラジオ「3人だけの地球倶楽部」です。

週一投稿?もう2月?これ収録したの12月19日ってホント?

いやあ…。言い訳する気も起きませんね。
去年の大晦日、ぎりぎりに12月分を投稿してからズルズルここまで来てしまいました。


ということで、改めまして「新年あけましておめでとうございます」。
今日はですね、1月に週一投稿する予定だったモノ

もっとみる

"ストリートアート"の魅力とは?それは制作過程にあり

有料ですけど、全部無料で見れます。応援してくれる方は投げ銭お願いします。

前回の、アートを通した地域活性化活動では、ストリートアートによる地域活性化について触れた。

今回からは、アーティストやストリートアートのフェスティバルに関して触れて行く予定だったが、ストリートアートの魅力を伝えたい。

*注意:ここでのストリートアートとは、英語で言うGraffitiである。本来、StreetArtとは公

もっとみる

ARTivismとは?アートを通した活動②

前回のARTivismというアートを通した活動では、軽くARTivismという言葉に触れたが、今回は1つのイベントを例として上げて少し深く見ていきたい。

アートで環境問題を訴える?社会問題?なんじゃそりゃ。という人がまだまだいるだろう。

今回、例に取り上げるのは、ハワイにあるPangeaSeedという非営利団体が行なっているストリートアートフェスティバルである、SeaWalls : Artis

もっとみる

ARTivismとは?アートを通した活動

有料ですけど、全部無料で見れます。応援してくれる方は投げ銭お願いします。

ARTivismという言葉を知っているだろうか。

これは、Art(芸術)とActivism(積極的な活動)の2つの言葉を掛け合わせた造語。

つまり、社会に対する問題、環境、社会、政治問題を変えるために、アートの力を使う活動のことだ。

アートなんか使わずに直接、変えていけば良いと思う人もいるかもしれないが、環境、社会、

もっとみる

スイス代表チャカとシャキリに対するFIFAの制裁について個人的見解

現在ロシアW杯が行われている中、6月22日に行われたセルビア代表とスイス代表の一戦でスイス代表のグラニト・チャカ(ジャカ)選手とジェルダン・シャキリ(シャチリ)選手がゴール後に見せたジェスチャーが政治的主張なのではないかということで、日本メディア内でも大きな話題となっていました。

僕は同試合で問題が起きるのではないかと思い、特集記事として以下のようなセルビアと両選手間の問題を取り上げていました。

もっとみる