子供の頃見た西部劇の「吊るせ!」は 自分の中で 未だに処理出来てない。

僕は 読書とかあんまり得意じゃない バカなじじぃだけど。
 
それでも「感じているけど 言葉に出来なくて」喉元の辺りに詰まっている事が色々あって・・・
 
それをすっきりさせてくれそうな
「龍角散」や「浅田飴」みたいに見える題名や著者の本は、時々 挑戦する。 
 
読んですっきりする時もあるし モヤモヤのままの事もある。
 
 
大体 読むのが 週2の夜勤中のアイドルタイム的な時だけなので
そんな

もっとみる

メディアリテラシー

https://twitter.com/MoriTatsuyaInfo/status/1156150232209432582?s=19

森達也 監督が、たった1つの真実など存在しないと知ることが大事とツイートされていた。

私も思うところがあり、リプライを書き込んでみたところ、あれよあれよとRTしてくださる方々がいらしたので、noteのほうにも自分の感じたことの備忘録として残しておきたいと思う。

もっとみる

森達也監督の演説を書き起こして、思うこと。

街頭での森達也監督の演説、一部書き起こしてみました。

オウムの地下鉄サリン事件以降、24年経ちました。この国はある方向に向かっています。どんな方向か?

集団化です。

不安と恐怖を刺激されて、
みんなでまとまろうという気持ちがとても強くなった。

集団は、集団の中で異質なものを探したくなります。

なぜならば、それを探したときに、自分たちは多数派になれるんです。
だからマイノリティを探

もっとみる

きっと。生じる事は全てネタに出来るのだ

私は良くテンションが高い、と言われる。

自分では起きてから寝るまで基本お酒とかDrugしなくてもずっとこのテンションなので良く解らないけど多々言われるのできっと一般より高いのだろう。

テンションだけじゃなくて深く話さないと”明るい順風満帆”な人生に見えるらしい。

何を持って”順風満帆”なのか解らないが(笑)結構どん底に落ちても”人生を絶望”したことはない。人を”心の底から”憎んだ事も多分ない

もっとみる

【話題映画レビュー】『新聞記者』は望月衣塑子のプロモーション・ムービーか。

この作品は望月衣塑子の同名ノンフィクションを「原案にした」フィクションです。

最近の日本映画同様にまずキャストの「大根芝居」に慣れるのに1時間は掛かりました。実際の出来事を下敷きにした上でストーリーは進みます。

主人公は2人。父は著名ジャーナリストながら「誤報」の汚名を着せられ自殺を図った吉岡正の無念を胸に抱く新聞記者吉岡エリカ。そして外務省から内調へ出向、多田の許仕事に就く杉原。

内閣が重

もっとみる

森達也『A』『A2』

20代前半にみたドキュメンタリー映画『A』『A2』は確実に僕を変えた作品だった。
物事を一方向から見ることの危険性、日本の同調圧力の気持ち悪さ。オウムというパブリックエネミーとされた者へのヒステリックな扱い。
3.11後、公敵となった東電と原発の是非などの状況で、自分が少しばかり冷静にいられたのはこの『A』に出会っていたからかもしれない。
もしこの映画を見ていなかったら、東電=悪という図式に安易に

もっとみる

森達也さんに会えた!!

前回、2月8日の記事に、森達也さんが自著「A3」を無料公開https://note.mu/morit2y/n/nde972b9f0eac?fbclid=IwAR2rk52-fAGwY6DLKV7B63MVdaoDV9OGTm31Hu31JoCu05FMrx-5Nez1Xg4

しているという記事を書いた。

そしたら、友人が、「名古屋に11日、森達也さんが来るよ」と知らせてくれた。なんというタイミ

もっとみる

日本のハードコアパンク映画

実は今、1980年代の日本のハードコアパンクについてのドキュメンタリー映画の撮影が始まっている。

大まかな内容は決まっているが、いったいどういう内容になるのかは俺にもわからない。

Facebookで友人であった映画製作会社の木野内君という人からオファーを受け、話し合い製作することになった。

この映画製作会社は、東京都知事選挙で泡沫候補といわれる候補者にスポットを当てた映画「立候補」を製作した

もっとみる

森達也「A3」無料公開について

写真は2014年に、大分県中津市での講演会に森達也さんがいらしたときに、撮っていただいたものだ。ここには映っていないが、IQ18のうちの次郎が、胸のあたりでピースをしている。すると森さんも、隣で小さくピースをしてくださった。言葉のない次郎に協調してくださる姿に、なんて優しい方なのだろうと、思ったものだ。

実は、私は、森さんのことをその講演会の日まで、よく知らなかった。ただ、その講演内容が素晴らし

もっとみる

森達也さんがnoteで『A3』を全文無料公開されたので、プロローグの一部を朗読してみた。じっくり読ませていただきます。

映画監督で作家の森達也さんがnoteで『A3』の無料公開をされた。

森達也さんといえば佐村河内守さんのドキュメンタリー『FAKE』を撮ったり、メディアや死刑制度などについての多くの著作を執筆されてきた方だ。

代表作はなんといってもオウム事件をおったドキュメンタリー映画、『A』『A2』だ。
ちなみにこの2作はいま、動画配信サービスのU-NEXTでみれる。『FAKE』もみれる。お試し1ヶ月無料なの

もっとみる