横田空域

米中冷戦というピンチとチャンス

米中の貿易摩擦、というよりは冷戦的な状況の影響を、日本も受け始めている、そんな兆候かな、ということを感じるようになって来た。米国が示した3月の期限までにどのように中国が対応するかが、一つの焦点ということのようだが、対立がおさまる方向に動くのかどうか、かなり微妙な情勢のように思う。

この米中対立自体は、日本経済にとってどちらかといえばマイナスの影響をもたらすのかもしれないが、一方で、昨今こんなニュ

もっとみる
とても嬉しいです!
6

東京都は沖縄県と共同で取り組むことができるのでは

東京都は沖縄県と共同で取り組むことができるのではないかと。

http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/yokota_henkan.html
横田空域の返還 | 東京都都市整備局
 米軍が管理する横田空域は1都9県にまたがる広大な空域です。
 首都圏の増大する航空需要に対応し、より安全で効率的かつ騒音影響の少ない航空交通を確保していくためには、横田空域を

もっとみる
ありがとうございます
1

山本太郎 自由党 共同代表が、街頭演説会で「#国民投票法 の問題点」について解説。

2018年10月6日(土)、山本太郎 参議院議員(自由党 共同代表)の街頭演説会が京成上野駅前で行われました。

 聴衆から、山本太郎 氏に対し、憲法改正に関する質問がされ、山本太郎 氏は、質問への回答の中で、国民投票法の問題点について解説しました。

 文字起こしを下記に記載します。

■ 山本太郎 氏(自由党 共同代表)@yamamototaro0 の回答

2つ目、ご質問頂いた内容はですね、

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
5

小池百合子 東京都知事が、人権尊重の名の下に言論弾圧の条例案を提出。

2018年9月19日(水)、東京都議会が開会し、小池百合子 東京都知事が「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例案」という名前の条例案を提出した。

 本条例の中の「第三章 本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進」という部分は、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」(通称: ヘイトスピーチ規制法)の第4条 第2

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
6