正寿寺

滋賀県内の石造物⑰:正寿寺宝篋印塔

名称:正寿寺宝篋印塔

伝承など:なし

所在地:滋賀県東近江市柏木町 正寿寺

東近江市の正寿寺は、田園の中の集落の一角にあり、現在は本堂があるだけの小さな寺院であるが、公卿・飛鳥井氏の屋敷があったと言う伝承があり、境内には鎌倉時代の宝篋印塔が二基ある。

本堂裏の一角に並んで建つ二基の宝篋印塔は、ともに鎌倉時代後期のものであり、特に向かって右側の塔(二枚目)は正応四年の銘文を持つ。

塔の高さ

もっとみる