消費者心理学

理解力なき有能性 : 進化が生物に与える能力(=コンピータンス)には、ふつう "理解力" というものが伴ってはいない ───心のわけを解き明かす「進化心理学/EvP」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.7-1

────「理解力なき有能性」?:なんだか強そうなコトバだが、見かけにビビってちゃあいけない、カンタンだ。

たとえば、"笑う"ことはきみに何らかの生物学的効用をもたらしている(=有能である)のだが、そのことをきみはなんにも理解しちゃあいないだろう。

(きみは、きみ自身について────とくにきみ自身の心のロジックについて、一体何を知っているというのだろう?)

“ 人間は自分自身について一体何を知

もっとみる

「脳は国家、意識は新聞」: ニューロンたちが運営する国家について何も知らないあなたは"意識"という新聞を手に取り、脳みそで起こったことのすべてを知った気になっている────心のわけを解き明かす「進化心理学/EvoPsy」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.6-1

「ガリレオは、地球を宇宙の中心という特権的な地位から引きずり下ろした。それと同じように、意識も、人間の行動の支配者という特権的な地位から引きずり下ろされようとしているのだ。これはまさに知の革命というべきだろう」

────ジョン=バージ

・今回のテーマソング:All Along The Watchtower / The Jimi Hendrix Experience

“ そんなにイライラするな

もっとみる

マーケッターの思うツボもここまでか?

アーユーボーワン、たけまるです。

週末に楽しみにしている外食。
昨日の日曜日は、いつもは平日に行く焼肉屋さんへ行きました。

この焼肉チェーン店のマーケッターさまの思うツボにはまり、
プロモーションにとっつかまって半年あまり。
ずっと、何かしらの割り引やクーポンをもらったりしていました。
(→その模様はこちらの肉日和で。)

今回も、前回にもらったチラシについていた割引券を使うつもりでした。

もっとみる

ゾンビ=システム:脳みそのなかに住むゾンビによってあなたの日常生活は「自動操縦」されている ── 心のわけを解き明かす「進化心理学/EvoPsy」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.5-2

“ 彼女は、自分が行為の主体であるということを意識せずに動くことに慣れきっていた。彼女の身体はいつも勝手に、頭よりも先に動きはじめるのだった。” 

 ─ ポール=ボウルズ『シェルタリング・スカイ』

・前回からの続き(読まれてない方はまずは以下から):

# 脳のなかのゾンビエージェント

────あのフランシス=クリックとともに「意識」についての共同研究を行ってきたカリフォルニア工科大の神経科

もっとみる

ゾンビ=システム:脳みそのなかに住むゾンビによってあなたの日常生活は「自動操縦」されている ── 心のわけを解き明かす「進化心理学/EvoPsy」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.5-1

“ 僕は吹き出してしまったよ
その写真を見たらね
そいつは運転中に意識がブッ飛んで  信号が赤になっても気づかなかったらしい
野次馬が大勢集まってきて
彼の顔に見覚えはあったけど、
彼が上院議員だって
言い当てられた奴はいなかった ”

“ 目を覚ましたら、ベッドから落っこちてた   急いで髪をクシでとかして、いつものように階段を降り、紅茶を一杯
時計を見ると遅刻していた事に気づいた  コートを

もっとみる

「至近要因」と「究極要因」:進化心理学のメスで人間社会を解剖する方法 〜 新時代のパラダイムは積み上げてきた過去のなかにある───心のわけを解き明かす「進化心理学/EvoPsy」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.4-10

" 新約聖書に登場する放蕩息子は、財産の分け前をもって家出し、自堕落な生活で財産を無駄遣いした。一文無しになり、恥を忍んで父親の家に帰ってきて、雇い人にしてくれと頼むしかなかった。それ以上の待遇など望めるような筋合いでなかったからだ。────ところが、何とありがたいことに、生まれ変わって、新たな、もっと地道な生き方をする者として、愛と許しで迎えられた。"

" 人間を自然から切り離す私たちの考え方

もっとみる

「至近要因」と「究極要因」:進化心理学のメスで人間社会を解剖する方法 〜 おかえりなさい!放蕩息子(サピエンス)の「自然界」への帰宅を歓迎する: “サル目ヒト科動物”としてのみなさん───心のわけを解き明かす「進化心理学/EvoPsy」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.4-9

" 進化が行動に与える影響〔=究極要因〕は、渡り鳥だろうと、他者に印象づけようとする人間だろうと、直接意識されるものではない。────だが、実は至近的な要因による影響の多くも意識されてはいないのであり、それを正しく認識しておくのは大切なことだ。”

“ たとえば進化の研究者たちは、至近的な要因であるホルモンのレベルと各種の社会行動とのあいだに様々なつながりがあることを発見している。内分泌学者でもな

もっとみる

「至近要因」と「究極要因」:進化心理学のメスで人間社会を解剖する方法 〜 ティンバーゲンの4つのなぜ/Tinbergen's four questionsをつかってサピエンスという動物の行動ロジックを把握する───心のわけを解き明かす「進化心理学/EvoPsy」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.4-8

“ 何が人々を選択に駆り立てるのかを突き止める妥当な方法のひとつは、単純に本人に尋ねることだ。────その人は、しばらく自己をかえりみたあと、自分のポルシェを飾り立てたり、ダイヤモンドをちりばめた歯のジュエリーにお金をかけたりしたほんとうの理由を明かしてくれることだろう。”

“ その人の欲求や要求を尋ねるのはよくある方法で、多くの企業が顧客の願望に対する理解を深めようと、フォーカスグループを運営

もっとみる

「至近要因」と「究極要因」:進化心理学のメスで人間社会を解剖する方法 〜 「心を読むサル」としての心の進化:偽シグナリングと心の裏側を見透かすメタ=コミュニケーション、そして「プリテンド=プレイ」による秩序───心のわけを解き明かす「進化心理学/EvoPsy」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.4-7

“ ダラスの殺人課のある刑事は次のように述べている:「殺人は、どうでもいいことをめぐるちょっとした口論から起きるんです。カッとなる。けんかが起きて誰かが刺されたり、撃たれたり。ジュークボックスの10セントのレコードがきっかけの口論で起きた殺人とか、サイコロばくちで1ドルの貸し借りからの殺人なんてのも扱いましたよ。」”

“ ────なぜそんなつまらないことで殺人を?〔進化心理学者の〕デイリーとウィ

もっとみる

「至近要因」と「究極要因」:進化心理学のメスで人間社会を解剖する方法 〜 男たちはなぜクソつまらない理由から居酒屋で殴り合いのケンカをするのか?:サピエンスの「アホな振る舞い」をロジカルに解析する───心のわけを解き明かす「進化心理学/EvoPsy」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.4-6

" 社会科学の営みのすべては、人間の本性(Human Nature)を知ろうとする試みである。 生物的自然をより広く包含するダーウィンの理論、生命科学のあらゆる分野で発見的働きをなし、基本的な正しさはもはや疑いようもない理論が、この試み〔=社会科学の人間の本質を解き明かそうとする試み〕とは関係がないなどということがあるだろうか?"

" 進化心理学が発展していくのは必然であり、喜ばしいことだ。進化

もっとみる