闇営業問題と嘘のコスパ

芸人さんが闇営業で反社会的勢力の組織からお金をもらっていた問題が炎上していますが、この問題は他人事ではないと思ったので問題を整理しておきます。

そもそも今回の問題点は闇営業ではありません。闇営業というワードがキャッチーなのでどのメディアでも使われていますが、闇営業とは事務所を通さない直営業のことです。サラリーマンでいうと副業みたいなもんです。芸人として食べていけるのはごく一部なのでほとんどの芸人

もっとみる

超個人的・わしの読書メモ その1

ダン アリエリー

「予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

を読んでの超個人的メモを記載して行きます。

1. 相対性の真相

・追って記載します

2. 需要と供給の誤謬(ごびゅう)

わし「ごびゅうってなんだ。」

【誤謬】ごびゅう
(考え・知識などの)あやまり。 

わし「需要と供給のあやまりってことか」

こうやって一つ一つ、語彙力がアップしていくのですね・・

もっとみる

人間は「動く物」であることの行動思考学

髪を切った…

丸坊主がちょっと伸びたくらい…

1年に一度は短くしたくなるのだが、今回思わぬ相乗効果があった…

髪が短くなるということは、顔周りのだらしなさがもろに出るということだ…
引き締めなければいけない

それが伝播し、今度は体を引き締めなければならないという意識に変わっていく…

ぼくは土日の朝は、土手を走りたいと思っているが、なかなか走れなかった…
しかし髪の毛切ったことから連鎖し、

もっとみる
ありがとう~!スキをいただくともっと書きたくなりますよ~!
7

人間は本当に"合理的"?

「自分は合理的な人間だ」と思いますか?もし、そう思っているなら、実は「そう思いたいだけ」なのかもしれません。行動経済学では人間は合理的な生き物ではなく、感情によって行動が左右されていると考えています。
UX全般の話題を扱うメディアUXplanetにデザイナーにとって有用な行動経済学の5つの原則が投稿されています。

①アンカリング効果:先に提示された情報に影響され、判断が変わってしまうこと。

もっとみる
ありがとーーーーーーーーーーーーーーーーございます!
36

賃金の下方硬直性と上方硬直性について思うこと

人手不足なのに賃金が上がらないと言われていますが、その理由は実際によく分かっていません。僕みたいな素人は「賃金が上がれば人も来るでしょ!」と思ってしまうわけですが、人手不足でもなかなか賃金を上げることができない業界も存在しているわけです。以前、BSフジのプライムニュースという番組に玄田有史という東大で助教授をしている方が出演していた(もしくはその方の本が紹介されていた)ときに、その方が編集した『人

もっとみる

承認欲求モンスターの取扱説明書

SNSのフォロワー数や投稿のいいね数をお金で買うサービスがあることを知って何とも言えない気持ちになりました。誰かに認めてもらいたい欲求は今に始まったことではなく昔からありました。でも豊かな社会ではなかったので承認欲求は押さえつけられていました。生きていくのに必死だったわけです。承認欲求なんて言っている場合じゃなかったのですね。

世の中にモノが溢れて豊かになって、抑えられていた承認欲求があふれ出て

もっとみる

あなたが無意識な差別をしないための方法『WORK DESIGN(ワークデザイン)』

差別とかジェンダー論ってあまり詳しくはなかったのですが、ジェンダー論を差別問題として解説するのではなく、行動経済学とか行動デザインといった方面から解説しているというのをどこかで見つけて購入してみました。『WORK DESIGN(ワークデザイン):行動経済学でジェンダー格差を克服する』イリス・ボネット

結論から言えば、差別とは誰でもこれって差別だよねとすぐ理解できるわかりやすいものだけではなく無

もっとみる

ゾンビ=システム:脳みそのなかに住むゾンビによってあなたの日常生活は「自動操縦」されている ── 心のわけを解き明かす「進化心理学/EvP」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.5(part.2)

“ 彼女は、自分が行為の主体であるということを意識せずに動くことに慣れきっていた。彼女の身体はいつも勝手に、頭よりも先に動きはじめるのだった。” 

 ─ ポール=ボウルズ『シェルタリング・スカイ』

・前回からの続き(読まれてない方はまずは以下から):

# 脳のなかのゾンビエージェント

────あのフランシス=クリックとともに「意識」についての共同研究を行ってきたカリフォルニア工科大の神経科

もっとみる

ゾンビ=システム:脳みそのなかに住むゾンビによってあなたの日常生活は「自動操縦」されている ── 心のわけを解き明かす「進化心理学/EvP」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.5(part.1)

“ 僕は吹き出してしまったよ
その写真を見たらね
そいつは運転中に意識がブッ飛んで  信号が赤になっても気づかなかったらしい
野次馬が大勢集まってきて
彼の顔に見覚えはあったけど、
彼が上院議員だって
言い当てられた奴はいなかった ”

“ 目を覚ましたら、ベッドから落っこちてた   急いで髪をクシでとかして、いつものように階段を降り、紅茶を一杯
時計を見ると遅刻していた事に気づいた  コートを

もっとみる

「至近要因」と「究極要因」:進化心理学のメスで人間社会を解剖する方法 〜 新時代のパラダイムは積み上げてきた過去のなかにある───心のわけを解き明かす「進化心理学/EvP」とは何か:これからの時代を切り拓く50の思考道具 tool.4(part.10)

" 新約聖書に登場する放蕩息子は、財産の分け前をもって家出し、自堕落な生活で財産を無駄遣いした。一文無しになり、恥を忍んで父親の家に帰ってきて、雇い人にしてくれと頼むしかなかった。それ以上の待遇など望めるような筋合いでなかったからだ。────ところが、何とありがたいことに、生まれ変わって、新たな、もっと地道な生き方をする者として、愛と許しで迎えられた。"

" 人間を自然から切り離す私たちの考え方

もっとみる