深尾精一

11月号を評する+1年を振り返って─『新建築』2018年11月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

評者:深尾精一

新たな渋谷らしさ─渋谷ストリーム

渋谷ストリーム|
東急設計コンサルタント 小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt(デザイン・アーキ

もっとみる

『新建築』2018年9月号を評する─『新建築』2018年9月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

『新建築』2018年9月号購入(Amazonはこちら)

『新建築』2018年10月号購入(Amazonはこちら)

9月号は,幕の内弁当のよ

もっとみる

『新建築』8月号を評する─『新建築』2018年8月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

『新建築』2018年9月号購入(Amazonはこちら)

評者:深尾精一

目次
●HYPERMIX 超混在都市単位|北山恒+工藤徹 / ar

もっとみる
住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
10

『新建築』7月号を評する─『新建築』2018年7月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

『新建築』2018年7月号購入(Amazonはこちら)
『新建築』2018年8月号購入(Amazonはこちら)

評者:深尾精一

目次
●ビ

もっとみる

『新建築』6月号を評する─『新建築』2018年6月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

新建築2018年6月号(Amazonはこちら)
新建築2018年7月号(Amazonはこちら)

評者:深尾精一

目次
●城西小学校屋内運動

もっとみる

『新建築』5月号を評する─『新建築』2018年5月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!

新建築2018年5月号(Amazonはこちら)
新建築2018年6月号(Amazonはこちら)

評者:深尾精一

目次
●長崎県庁舎
●由布市ツーリストインフォメーションセンター
●周南市立徳山駅前図書館

もっとみる

修繕行為の創意工夫─特集:アクティベートの手法─『新建築』2018年4月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!

新建築2018年4月号(Amazonはこちら)
新建築2018年5月号(Amazonはこちら)

評者:深尾精一

目次
●アクティベートの手法
●「リビング・ヘリテージ」─意欲的なリノベーション・コンバー

もっとみる
住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
13

『新建築』2018年3月号を評する─『新建築』2018年3月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!

新建築2018年3月号(Amazonはこちら)
新建築2018年4月号(Amazonはこちら)

評者:深尾精一

目次
●東日本大震災復興事業の公共施設
─釜石市鵜住居小学校・釜石市立釜石東中学校・釜石市

もっとみる

『新建築』2月号を評する─『新建築』2018年2月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!

新建築2018年2月号(Amazonはこちら)
新建築2018年3月号(Amazonはこちら)

評者:深尾精一

目次
●集合住宅を構法から見る
●コンクリートに対する過信

2月号は集合住宅特集である.

もっとみる

『新建築』2018年1月号を評する─『新建築』2018年1月号月評

冒頭の建築論壇:建築と設計のこれからは,読み応えのある座談会であった.若い設計者には,一読をお奨めしたい.

荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)は,隣接して建つ歴史的建造物である藩校の,照りと反りの付いた屋根を意識したのであろうか,SANAAらしい複雑な形状の屋根が特徴的である.コストによる制約かもしれないが,軒垂木の荒々しい扱いが,内部のルーバー天井とそれを支え

もっとみる