月評

2018年の月評まとめ

2018年の評者

深尾精一(ふかお・せいいち)
1949年東京都生まれ/1971年東京大学工学部建築学科卒業/1976年同大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了(工学博士)/1976年早川正夫建築設計事務所所員/1977年東京都立大学工学部建築工学科助教授/1995年同大学工学部建築学科教授/2005年首都大学東京都市環境学部教授(大学改組による)/2013年同大学定年退職,名誉教授

もっとみる

ふたつの「通路」─『新建築』2018年11月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!
(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

評者:連勇太朗

「境界」

社会にはさまざまな境界があります.
目に見える物理的な境界と,目に見えない不可視の境界.都市空間は,ひとりの生

もっとみる

木造|生産のエコシステム/フィクショナル/空間認識─『新建築』2018年10月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!
(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

評者:連勇太朗×金田泰裕

生産のエコシステムまでを含んだ木造の思考

連  木造特集という枠の中で各作品を見てしまうと,どうしても「構法」

もっとみる

みんなが見る建築(論)の姿─「野生の月評」を紹介,その1!

今年の6月よりスタートした「野生の月評」.

『新建築』『住宅特集』などに掲載された建築プロジェクトに触れた,皆様の投稿を『#野生の月評』マガジンにpickしていっています.

誌面上の紹介だけでは伝えきれなかった建築の魅力,雑誌自体の感想などそれぞれの投稿からは学ぶことばかりです.
pick数も40を超え,量が増えてきましたので,イントロダクション記事として,それぞれの投稿が,どのプロジェクト・

もっとみる

「選択可能性」の重要性─『新建築』2018年6月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!
(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

評者:連勇太朗×松島潤平

目次
●「選択可能性」の重要性
●「説明可能性」を担保した児童施設
●未来に対して,何を価値として投影するのか

もっとみる

時間のデザイン,その必要性─『新建築』2018年4月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

評者:連勇太朗×石榑督和

目次
●建築とは記憶の装置である
●「歴史的にも建築的にも価値がない」とされる建物が積み重ねてきた時間
●時間のデ

もっとみる

少しでもベターな場所を,ベターなやり方で─『新建築』2018年10月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

評者:饗庭伸

目次
●建築をつくり出す制度とそれを制限する法
●ハレ(殊)とケ(常)
●「上がってる」感
●「多くの制度とごくわずかの法を持

もっとみる
住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
12

「木造」という時代の終わり─『新建築』2018年10月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

評者:深尾精一

目次
●敷地を活かした木造─富岡商工会議所会館
●意欲的な設計,しかし...─山王のオフィス
●CLTが生み出す美しさ─竹中

もっとみる
住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
25

小規模のプロジェクトが持つ参加や参画の力学から考える─『新建築』2018年9月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

『新建築』2018年9月号購入(Amazonはこちら)

『新建築』2018年10月号購入(Amazonはこちら)

評者:連勇太朗

目次

もっとみる
住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
7

『新建築』2018年9月号を評する─『新建築』2018年9月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

『新建築』2018年9月号購入(Amazonはこちら)

『新建築』2018年10月号購入(Amazonはこちら)

9月号は,幕の内弁当のよ

もっとみる
住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
7