無限循環

境界線のない秩序・永続する均衡

私たちは境界線によって存在を認識しています。

境界線で定められた特定の領域が存在の限界となり、境界線の外にはなにも存在しないものとして考慮しません。

したがって、その存在がどのように認識されるのかは、境界線をどう定めるかにかかっています。

一度定められた境界線がその存在にとって良いか悪いかは関係なく、あらゆる存在がそれを維持する努力を怠らないのは、境界線がその存在の限界になっているからです。

もっとみる

時間の流れを方向転換する操作

ワークショップでは、タイムマネジメントのためのツールをいくつか使用します。

カードゲームやプラネタリー・アワー・ダイアリーよりも先に考案した割に、あまり記事を書かずにいたシリコンバンドのワークですが、ようやく説明の手順がまとまってきたので、着手しようと思います。
しばらくはシリコンバンドのワークを解説する記事が続く見込みです。

どのツールも、曜日の無限循環構造を基本概念としていますが、シリコン

もっとみる

Ⅰ. LE BATELEUR [魔術師]7・8月のワークショップ

7・8月のワークショップのテーマは「魔術師」です。
7/21(日)と8/18(日)は新富町、7/28(日)と8/4(日)は三島で行います。

● 曜日の無限循環構造と420度の円によって時間の概念を捉え直す

●カバラ生命の樹による照応関係の解説
●2π=420°=♡によるディグリー・シンボリズム研究
●音楽の瞑想
●カードゲームやシリコンバンドを使ったワーク

案内PDF

マインドによって構築

もっとみる

unwantedivanka現象の宇宙的意味

The Guardian の記事:#Unwantedivanka: awkward moment at G20 prompts slew of Trump parodies

G20大阪サミットで浮いていたイヴァンカ・トランプを祭り上げるネット上での現象を、カバラ神秘主義宇宙観によって考察します。

「愚者」のエネルギーは場違いな人によってもたらされます。
それが、世界各国の首脳が集う場で視覚化さ

もっとみる

永続性と混沌

無限はただひたすら無秩序に広がる混沌ではなく、永続するメカニズムによって運用されています。

そのミニマムな構成が曜日の無限循環構造です。

それはエネルギーの特質を14のパターン(一週間七日×昼夜)に分類します。

固定された境界線はなく、常に変動し続けています。

エネルギーは数字によって操作されます。

しかし、数学的な正しさと身体感覚は一致しません。

身体やそれに基づく五感はごまかしがき

もっとみる

【歌詞】無限循環

無限循環  
作詞・作曲 いしはらとしひろ

いつかは終わるとわかってるはずなのに なぜだろう
ぼくらは飽きもせずまた始めてしまうのだろう ここから

君の小鳥はいかがわしくさえずり 
裏切りのタネをついばんでいる

正しさ言い募るほどに温度は
下がっていくものと知っていたはず

何度重ねたらやめるの?  
何度重ねても懲りていないの?

いつかは終わるとわかってるはずなのに なぜだろう
ぼくらは

もっとみる

さっき出ましたが、そのようだそうです。ひょっとして「note感想文」タグをつけてる人があまりいないのでしょうか。これがさらに選ばれると合わせ鏡めいて無限に徳が自己循環し、オヒガンからなにかよからぬものを喚び込む気がしますのでタグはつけません。みなさんも極度感想行為してみて下さい。

【歌詞】おとなげない大人

おとなげない大人   
      作詞・作曲 いしはらとしひろ

おとなげない大人に なってしまいました 
おとなげない大人は ここで元気です

おとなげない大人に なってしまいました  
おとなげない大人は 今日も元気です

中学二年のばかさ加減と オトナのずるさ兼ねそなえ
おさえない わきまえない 空気読まない 勢いだけさ

おとなげない大人に なってしまいました
おとなげない大人は 今日も

もっとみる

対季(アンティシア)は6のサイクルと7のサイクルを連携させる鍵

6のサイクルは、360度の円を24分割する一年や一日を運用する時間の概念です。

7のサイクルは、無限循環の宇宙の秩序であり、そのミニマムな構成が太陽系の7天体による曜日の配列順(カルデア配列)です。420度の円を14分割したチャートにもとづいて一週間は無限循環します。

ここ数日、6のサイクルと7のサイクルは、どのように連携させることができるのかを考察しています。
7の方が6よりも大きい数字なの

もっとみる

ⅩⅦ. L'ESTOILLE [星] 420度の円と無限循環のメカニズム

3〜4月のワークショップのテーマは「星」です。

光を器に留めておきたい者によって人間社会は運営されています。
土星と木星は、太陽になり損ねた者達ですが、彼らがこのゲームの胴元であり、カバラ生命の樹のシステム運営管理者です。
太陽になり損ねた者達は、「誰もいないよりは、誰かがいたほうが良い」が口癖です。

カバラ生命の樹は、光を器に留めておくだけではなく、光を器から解放することにも機能します。

もっとみる