玉川堂

大人の社会見学その① 玉川堂

燕三条

という地名は聞いたことがあったものの、実際に訪れるのは今回が初めてのこと。

新潟でライターをしている円香さんのアテンドに導かれるままに訪れた街で、ものづくりについて学んだ1日だった。

****

大人の社会見学①玉川堂

銅板をひたすらに叩いて急須や様々な器をつくりだす工芸を、鎚起銅器(ついきどうき)という。それを代々受け継いでいる、創業202年の玉川堂(ぎょくせんどう)さん。

もっとみる

玉川堂が伝統工芸と呼ばれる理由

新潟県燕市にある工場の中は「カンカンカン!カンカンカン!」という、金鎚の甲高い音が休みなく鳴り響いている。

「玉川堂(ぎょくせんどう)」

伝統工芸を好む人であれば一度や二度、耳にしたことのある名前ではないでしょうか。今回のnoteでは、この玉川堂が200年を超えた今もなお「伝統工芸」と呼ばれる理由について考えてみたいと思います。

玉川堂という老舗企業

創業1816年。玉川堂は、銅板を槌(つ

もっとみる