環境教育

最近の活動報告

大分更新が滞ってしまったこの頃。

環境に順応しすぎて日本にいたころの記憶も薄れつつあるからか、
日本とくらべれば全く忙しい訳ないのに、なんだか忙しいフリしたりして。
大分反省です。

9月くらいから前任のボランティアが作ってくれた関係性を使わせて頂きながら、
小学校での活動がようやく出来る様になり、
それまでのもやもやした期間からは脱して、
毎日やることがある!という嬉しさに包まれながら生活して

もっとみる
読んでもらえるだけでありがたいのに…ありがとうございます!
5

ブラックアイリスが発芽【JOCV Day104】

10月も早くも最終週。長袖のスウェットで寝るようになった。10月末でこれなので、この先が思いやられる。

さて、ヨルダンはじめ中東の多くの国では日曜日から仕事が始まる。植物園に行くと同僚が「出た出た!見ろ見ろ!」と。

またサソリでも出たのかと思ったが、今回は素直に嬉しいニュースだった。ヨルダンの国花であるブラックアイリスが発芽したのだ。

先週のほとんど全ての業務時間を割いて、アイリスの球根が入

もっとみる
!شكرا خزيلا
8

クラウドファンディングが、嫌いだった。

クラウドファンディングが嫌いだ。
正確に言うと嫌いだった。

仕組みは知ってる、みんなからお金集めてその人の夢叶えるんでしょ?ってくらいだった。
お金を集めている人は、みんな自分の信じたやりたいことを真っ直ぐに語れるキラキラした人たちで、
熱い言葉と、未来のビジョンと、彼らの笑顔の写真が載ってて、それを応援してくれる人がいて。

なんか、嫌だった。
ちゃんと内容を見るのも嫌だった。

でもその理由

もっとみる
読んでもらえるだけでありがたいのに…ありがとうございます!
3

小泉環境大臣にみる日本と海外のエコ教育の温度差 ペルカ恵

まず初めに、
台風の影響で被害に遭われた方々に
心からのお見舞いを申し上げます。

毎年、確実に激しくなっていく異常気象。
環境問題は、
いま世界でもっとも注目を浴びている
トピックスの一つです。

日本では、約一ヶ月前に
小泉進次郎新環境相が着任されました。

彼の国内外での言動は、
すでにネットなどのメディアで
意見が出尽くしたかと思われるほど
反響を呼んでいます。
皆さんは、どうお考えですか

もっとみる

アンマンは国立公園都市になれるのか【JOCV Day77】

アンマン市内を歩いていると、空地なのか、放棄地なのか、手入れがなされていないであろう土地を多くみかける。多くのごみが捨てられている。見渡す限りの広大な空き地があるというわけではないが、小さな空地が飛び地のように分布していて、足し合わせると結構な面積になるのではないかと思っている。

今この瞬間は手つかずではあるが、測量に使ったであろう器具の残骸やら家庭ごみやらが捨てられており、少なからず人の影響は

もっとみる
!شكرا خزيلا
5

グレタ・トゥーンベリとデイヴィド・ソベル【JOCV Day72】

先日アメリカのニューヨークで開催された国連気候行動サミット(UN climate action summit)にて、16歳の環境活動家、グレタ・トゥーンベリ(Greta Ernman Thunberg)さん(以下、グレタさん)が演説し、話題となっている。
※"UN climate action summit"に関しては様々な日本語訳が出ているが、ここでは機械的に「国連気候行動サミット」として以下記

もっとみる
!شكرا خزيلا
11

アフリカ留学体験記⑤

トビタテ!留学JAPAN9期生として「野生生物保全と地域の発展を繋げる」をテーマに現在南アフリカでボランティア留学をしている、信州大学4年次休学中の米田です。

かなり久しぶりに投稿させて頂きます。

最近の出来事としては、まず計7ヶ月間に渡ったケニアでの活動を全て終えました。

ケニアでの詳しい活動についてはAll About Africaさんに記事を書かせて頂いたので、興味のある方は是非そちら

もっとみる

きっと僕は「世間」教の信者

宗教というものを、僕は殆ど知らない。
多くの日本人と同じく無宗教だし、
しっかりとそれについて考えたこともないから
まったく知識もない。
父は仏教徒で、母はクリスチャンだけど、
そこまで敬虔な訳ではないし、
両親の宗教を知る機会は、祖母が亡くなった際のお葬式と入るお墓の違いでしか認識したことがない。

そういう背景もあって、
もう誤解を恐れずに言うと、宗教に全く興味がなかったし
今でもどうしてそこ

もっとみる
読んでもらえるだけでありがたいのに…ありがとうございます!
6

環境教育に関する活動を行いました

任地125日目。月曜日。

今日は初めての環境教育のワークショップをやってきた。

前にも何度か環境教育についてプレゼンテーションをやったことはあったけれどそれは環境課の課長に日本の環境についての活動を紹介してということで20分ほど話したもので、そのあと環境課の課長が補足したりしていて私のプレゼンテーションは1つの切り口みたいな内容だった。

今回はとあるイベントで生徒たちと出会ったのをきっかけに

もっとみる
わーい(´▽`*)♪
4

【自然体験と子ども心~Our greatest natural resource is the minds of our children.~】

最近地域づくりにのめり込み、すっかり自然体験の話から遠ざかり気味。。。
自分の専門を忘れてしまいそうになることも。笑
最近地域作りの色が強くなってきたので、自然体験が本業だって話を。
僕の主軸にある子ども心「センスオブワンダー」をカタチにします。

《センスオブワンダーとは》
みなさんは自然の中にいると美しいもの、未知なもの、神秘的なものに思わず目を奪われたり、ハッとさせられたりすることがありませ

もっとみる