研究デザイン

実験的研究・介入研究とは

veryshortな備忘録代わりのメモです。
今回は「実験的研究・介入研究とは」について。

実験的研究は,医学領域では介入研究(臨床試験)という表現を用いることが多い.治療効果を検証する研究であり,以下のように様々な実験的研究デザインがある.
■前後比較試験
■クロスオーバー試験
■非ランダム化比較試験(Nonrandomized Controlled Trial)
■ランダム化比較試験(RCT

もっとみる

横断研究と縦断研究

veryshortな備忘録代わりのメモです。
今回は「横断研究と縦断研究」について。

調査的研究は時系列によって横断研究と縦断研究に分類される.また,調査的研究は疫学研究デザインの分類に基づくと,観察的研究の分析疫学に分類される生態学的研究,横断研究,症例対照研究,コホート研究などが該当する.

もっとみる

研究デザイン:量的研究の分類

veryshortな備忘録代わりのメモです。
今回は「研究デザイン:量的研究の分類」について。

研究工程の第一段階において設定したリサーチ・クエスチョンがタイプⅠ,タイプⅡのどちらのタイプかで自ずと研究デザインが決まってくる.したがって,研究を行っていくうえで研究デザインの分類をおさえておくことは必須の知識といえる.

研究デザインを大別すると量的研究(quantitative research

もっとみる

大学院の受験に関して〜0.研究室選び篇〜

そろそろ大学院の夏の受験が近づいている時期かと思います。ということで、今日から大学院受験に関してのシリーズを書いていこうと思います。今日は教育・心理学系の研究室選びについて。

自己紹介のnoteにも書いたのですが、現在わたしは2度目の修士課程に在籍しており、今までに2つの大学院の修士課程を受験しています。そうした経験を踏まえたうえで、以下についてまとめています。

研究の方向性(デザイン)を決め

もっとみる