幸せを自ら定義するうえで大切な4要素。

公務員を退職し、高知にきてもうすぐ丸4年になる。

高知に降り立つ瞬間の景色は今でもくっきり脳裏に焼き付いているし、

これからどんな人と自分は出会っていくんだろう?って、少しばかりの不安を抱きながら駅に佇んでいたのを覚えている。

そして、あれからたくさんの人を見た、聞いた、知った。

外向的な人、内向的な人、ビジョンドリブンな人、テクノロジードリブンな人、都会暮らし好きな人、田舎暮らし好きな人

もっとみる

時間をかけずに欲しい情報にたどり着くエビデンス探しのコツとは

筆者自身は事業会社のBizDevを担当しております。仕事上リサーチすることが多く、意外と労働時間の多くをリサーチに費やしています。今回のコラムは日頃からもっと楽してエビデンス取れればいいのにな、、、。もっと時間をかけずにエビデンスを見つけれればいいのにな、、、。と思っている最中、普段自身が行っているリサーチ方法やエビデンスの見つけ方が同僚から褒められることが多く、それをきっかけに同じ悩みをもつ企画

もっとみる

体温が高いと癌にならないは嘘

「体温が高いと癌にならないし、抵抗力も高くなる」とどこかで聞いたか読んだ気がして思い込んでいたのだけれど、ふと「ホントかなぁ」と疑問に思ったので、ちょっと調べてみたけれど、ぜんぜんエビデンスがないどころか

むしろ逆

とも言える研究結果が出てきました。

論拠ですが、内科医・酒井健司さんの記事(※1)で紹介されている英国の医学雑誌theBMJに掲載されていた研究論文(※3)。2017年の論文。ア

もっとみる

占星術は占いではなく学問です♡

占星術というとみんな雑誌の後ろの方に載っている星占いを思い浮かべるので占いのイメージしかないと思う。

最近前から持っている占星術の本を取り出して学び直してみると表紙には占星学とある。

読んでみると英語ではアストロジー。アストロは天体、ロジーというのは学問を表しているため、つまりは天体についての学問なのだそうだ。

東洋の占いの四柱推命や0学占いを独学していたが、最近は西洋占星術の人を映し出す力

もっとみる

子供の味覚が危ない!は本当か。

子供に何を食べさせるかは、味覚の発達に影響する!
昨今の食生活は、子供の味覚を危険にさらしている!
この説を唱えてる方は沢山います。

では、お母さんは、子供の味覚のために、時間をかけて毎日お料理を頑張りまくるしかないのでしょうか?

子供の味覚に関する研究から、いくつか興味深いものをご紹介します。

2014年10月、NHKで
「子供の味覚に異変!」というニュースが放送されました。ニュースソース

もっとみる

エビデンスや裏付けと直感の兼ね合い

コーチ、指導をしている上でも、コンサルティングでも重要なのはエビデンスや裏付けですよね。なんら裏付けも検証されてきたものでもない経験則、個別的体験に基づくもので一般則に当てはまらないもので教授されると非常に困ってしまいますよね。

だからといって直感を否定してしまうのも違う訳で。

際どい状況での瞬時の判断やレスポンススピード、対応力の高さが求められる場合に教科書を確かめる時間はありません。いわゆ

もっとみる

それって本当?事実確認のためのミニ講座!!

火葬をしようとしていたら
棺の中から
「まだ生きとる。燃やさんといて」と声がして、、、
おじいちゃんが生き返った!という 
ウソなのか? 本当なのか?
分らない話を聞いた事があります。

ウソなのか? 本当なのか?
分らない話は沢山ありますが
3度も心臓がとまるような
発作の持病を持っていた私の母が、、、
リハビリをはじめてから
薬も飲まなくてよい程に回復したのは本当です。

世の中には
「えっ?

もっとみる

1979_久しぶりに水素吸引

1.スッキリするの巻

①:先日、久しぶりに水素吸引をしてきました。久しぶりにすると明確に、カラダがそれはイイことをした~という反応をしてきます。私の場合ですが、水素を吸うと、とても楽な感じになります。こういう結果は、個体差があるんで、全ての人が一様に同じとはなりませんが。今後、携帯できて、効率よく水素が吸えるマシーンの登場を待ちたいところですね~。とりあえず、何かしら書いておけば実現される可能性

もっとみる

裏モモについて整理しよう!(理論編)

前回は足が速くなりたい選手向けに、上半身を固めないという視点からトレーニングを紹介しました。

今回はトレーナーやセラピスト向けに

裏モモ

つまりハムストリングスについて
具体的な部分を私自身の知識の整理も含めて説明していきます。

ハムストリングスの筋膜連結

アナトミートレインで有名な筋膜という観点では、
SBL(Superficial Back Line)とSPL(Spiral Line

もっとみる
ありがとうございます!あなたの「スキ」が励みになります(^^)

16タイプ論とエビデンスレベル

この記事はサポート方式です

エビデンスレベルの低い16タイプ論が一般の人向けに出回り始めているので、この辺りで業界一頭がさえてる僕が16タイプ論の選び方を説明します。

まずはエビデンスピラミッドについて、今回は学んでください。

僕がブログ紹介でいくつか批判をした対象は、アギューメンテーションに欠陥がある場合か、エビデンスレベルが極度に低いか、そのどちらもであったと思います。今回は、エビデンス

もっとみる