神保町編集交差点

漫然と生きていては編集者は務まらない

この二人は、まさに今ヒットを飛ばしまくっている一級品の編集者とライターで、このトークイベントのレポートは赤ペンで丸をつけたり、マーカー引いたり、付箋つけたりして読みたかった(オンラインはそれが出来ないのが不満。プリントアウトすればいいのか?)。

仮説がない質問をしない、というのは、つまり、何をするにも意図を持てという事だろうし、全てが取材なんですよ、というのは、漫然と生きるな、という事だと解釈し

もっとみる
ありがとうございます
1

「健全なチクリ」がメディアを救う。攻めて守れる編集チームの信頼関係【後編】

「神保町編集交差点」(主催:BLOGOS、企画:株式会社ツドイ)は、現場で奮闘する若き編集者の方々に、一線級の「編集術」を届けることを目的とした、月に一度の連続トークイベントです。

 全6回を予定し最終回を終えましたが、リクエストの多かった「校正・校閲」についての特別編を開催しました。

 テーマは「攻めるための『校正・校閲』」、校閲者の柳下恭平さんと「BuzzFeed Japan」副編集長の伊

もっとみる

記事は「おおきく産んで、きびしく育てる」BuzzFeed副編とプロ校閲者が考える攻守両立のチームづくり【前編】

「神保町編集交差点」(主催:BLOGOS、企画:株式会社ツドイ)は、現場で奮闘する若き編集者の方々に、一線級の「編集術」を届けることを目的とした、月に一度の連続トークイベントです。

 全6回を予定し最終回を終えましたが、リクエストの多かった「校正・校閲」についての特別編を開催しました。テーマは「攻めるための『校正・校閲』」、柳下恭平さんと伊藤大地さんにご登壇いただきました。

 柳下恭平さんは、

もっとみる

【後編】「仮説のない質問に意味はない」。古賀史健と柿内芳文、ふたりの研鑽はつづく

「神保町編集交差点」(主催:BLOGOS、企画:株式会社ツドイ)は、現場で奮闘する若き編集者の方々に、一線級の「編集術」を届けることを目的とした、月に一度の連続トークイベントです。このnoteでは、そのレポートを掲載させていただきます。

 最終回のテーマは、「『あのころのオレ』との戦い方」。古賀史健さんと、柿内芳文さんにご登壇いただきました。前編未読の方は、ぜひ下記リンク先の記事からお読みくださ

もっとみる

【前編】「編集者は『没頭』と『俯瞰』を何十回も往復せよ!」。古賀史健と柿内芳文、ふたりの研鑽はつづく

「神保町編集交差点」(主催:BLOGOS、企画:株式会社ツドイ)は、現場で奮闘する若き編集者の方々に、一線級の「編集術」を届けることを目的とした、月に一度の連続トークイベントです。このnoteでは、そのレポートを掲載させていただきます。

 最終回のテーマは、「『あのころのオレ』との戦い方」。古賀史健さんと、柿内芳文さんにご登壇いただきました。

 古賀史健さんは、累計75万部売れた『16歳の教科

もっとみる

「暇」こそ理想の編集術。オモコロ・デイリーポータルZの編集長が語るおもしろい「チーム」のつくり方

「神保町編集交差点」(主催:BLOGOS、企画:株式会社ツドイ)は、現場で奮闘する若き編集者の方々に、一線級の「編集術」を届けることを目的とした、月に一度の連続トークイベントです。このnoteでは、そのレポートを掲載させていただきます。

 第五回のテーマは、「おもしろい『チーム』の作り方」。林雄司さんと、原宿さんにご登壇いただきました。

 林雄司さんは、『デイリーポータルZ』の編集長。『デイリ

もっとみる

BRUTUSとケトル、両編集長の情報摂取はここまですごい。「企画したけりゃ、情報をコスパで選んじゃダメ!」

「神保町編集交差点」(主催:BLOGOS、企画:株式会社ツドイ)は、現場で奮闘する若き編集者の方々に、一線級の「編集術」を届けることを目的とした、月に一度の連続トークイベントです。このnoteでは、そのレポートを掲載させていただきます。

第4回のテーマは、「情報の『捨て方』」。『BRUTUS』編集長・西田善太さんと、『ケトル』編集長・嶋浩一郎さんにご登壇いただきました。

『BRUTUS』と『ケ

もっとみる

自分の言葉にしたい。古賀史健×柿内芳文「あのころのオレ」との戦い方を聞いてきた #神保町編集交差点

(今回のnoteは、12月6日に行われた#神保町編集交差点 のイベントレポートです。写真はToru Kawarazuka@書評好きマーケターさんにお借りしました。)

『嫌われる勇気』の著者として知られる古賀史健さんと、『嫌われる勇気』『漫画 君たちはどう生きるか』の編集者である柿内芳文さんの対談イベントに参加してきました。

このイベントは、おふたりの後輩にあたる今井雄紀さんが企画する「神保町編

もっとみる

「いい汗のかけるおっさん」

「付き合いが長いのに、いまだに緊張する人」っていませんか?

もう何度も顔を合わせているし、ごはんも一緒に食べているし、少しぐらい軽口叩いても笑って許してくれるのに、なんだか気が抜けない人。

いま考えていることの浅さとか、取り繕っているだけの目標とか、ほんとうは聞いて欲しくないこととか、そういうのを全部見透かされている気になる、身も心もスケスケにされてしまう人、いませんか?

ぼくにとってそんな

もっとみる
おおすめのWikipediaは「オーソン・ウェルズ」です。
40

「『売れそう』ではなく『自分なら読む』かどうかを信じる」熱狂的支持を集める「Maybe!」「AM」の編集方針

「神保町編集交差点」(主催:BLOGOS、企画:株式会社ツドイ)は、現場で奮闘する若き編集者の方々に、一線級の「編集術」を届けることを目的とした、月に一度の連続トークイベントです。このnoteでは、そのレポートを掲載させていただきます。

 第三回のテーマは、「『私ならぜったい読む』をつくるために」。小林由佳さんと、金井茉利絵さんにご登壇いただきました。

 小林由佳さんは、新しくてリアルなファッ

もっとみる