神秘学

オカルトの誤解?秘密の解読には魅力的!

ブラヴァツキー夫人。一般的なイメージはちょっとキワモノ。

でも、実はスゴイ人だと思います。神智学協会の創設者ですし。神智学協会にはルドルフ・シュタイナーも所属していました(後に脱退)。

今、英語で「The Secret Doctrine」を読んでいます。正直、ちょっと冗長で挫けそうになりますが、書かれていることはとても包括的です。

『シークレット・ドクトリン』は、『ジヤーンの書』と呼ばれる最

もっとみる

時空を超えるには? – ヘルメスの真実

"時間は変わらない。万物が時間の中で変化する。時間は出来事を分け、出来事を正しく配置する。時間が動きの中にあるのではない。あなたの意識がひとつの出来事から別の出来事に移動するように、あなたは時間を移動する。" – アトランティスのトートによるエメラルド・タブレット

この言葉に「時空を超える鍵」が隠されています。

これは、英文の書籍「アトランティスのトートによるエメラルド・タブレット」という本か

もっとみる

神秘学の本当の秘密をこの動画に組み込みました

The most important thing about the mystic wisdom, the SECRET CODE, is in this video. Something happens both consciously and subconsciously.

ヘルメス思想、エメラルドタブレット、錬金術…なぜ帝王学なのか。なぜ、隠されてきたのか。なぜ、ほとんどの人が気づかないの
もっとみる

《哲学者の薔薇園》オカルティズム講座 開講!

アーティスト伴田良輔氏のお誘いにより、5月より伴田氏の経営する神田神保町スピノールギャラリーにて、オカルティズム講座を開催させて頂くこととなりました。
オカルティズムは神秘学、隠秘学と訳され、科学で実証されない超自然的な事柄に関する思弁や実践を指します。
魔術、錬金術、占星術、心霊術などが含まれ、哲学や宗教とも深い関わりがあります。

《哲学者の薔薇園》オカルティズム講座では主に美学的見地から、毎

もっとみる

144 年の転生周期とミイラの関係について

"それぞれの〈エゴ〉または人格は「約百四十四年ごと」に再び地上に生れ変るということがわかっています。つまり、百四十四年が「生れ変りから生れ変りまでの問」の平均的な時間的長さであるということがわかっているのです。" – 転生の周期

ボクが所属している友愛組織では、ソウルの転生周期を 144 年としています。この 144 という数字は、天体や歴史にも意味のある数字のようです。

ここで論じたいのは、

もっとみる

象徴と実体 〜 個人と時代の活用法

"象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に心から感謝します"

象徴は実体ではない

実体とはなにか?

象徴を受け入れ支えるとはどういうことか?

人間の実体は意識、つまり集合意識

象徴の痛みは実体の痛み

象徴とは実体を固定するアンカーである

この集合意識を恐怖とも武器とも捉えてきた歴史がある

その覇権文明の終了宣言を聞いた

これから徐々にシステムはまず別次元、精神文明領域に移行し

もっとみる

無は有、有は無 – 幻想の正体

"そのとき無もなかった、有もなかった。空界もなかった、それを覆う天もなかった。なにものが活動したのか、だれの庇護のもとに。深くして測るべからざる水は存在したのか。" – ナーサディーヤー讃歌

成功法則と幻想と生命を理解し活用する(令和元年にやりたいこと)

空になる、空から発する
それは「無のレプリカ状態」になるということ

またの名を「乳化」と言う
それは、混沌のゼロに似た場所であるということ

もっとみる

無敵について – 衝突と闘争の分離

ヘルメス思想、特にエメラルド・タブレット的に表現すると

精妙なものを粗雑なものから分離する

別の表現をすると

純粋意識、宇宙意識への到達

これは錬金術で言う「純化」という過程・文脈における

個別化された他者・環境との接触、衝突の純粋な経験

つまりバウンダリ(境界)としての他者や、取り巻く環境の経験。その他者や環境を通して得られる「自分とは何か」という個の探求と認識。その認識から余分な闘

もっとみる

コリン・ウィルソンに関する問題群

(初出 コリン・ウィルソン情報BBS)
(1) 投稿日:2003/02/02(日) 15:24:10
ここでは、コリン・ウィルソン関連の問題群を提示します。ここで答える解答はあくまで例ですから、各自自分なりに(実存的に)考えてみるとよろしいでしょう。
Q.コリン・ウィルソンの唱える新実存主義とサルトルの唱える実存主義との共通点と差異について答えよ。
A.『アンチ・サルトル』の邦訳がないのが、

もっとみる

蠱毒を使っていた映画

1988年1月30日に公開された映画「帝都物語」を久しぶりに見ました。この作品は、平将門の怨霊により帝都破壊を目論む魔人・加藤保憲とその野望を阻止すべく立ち向う人々との攻防を描いています。

史実を背景に空想上の人物だけではなく、実在の人物が物語に登場します。博物学や神秘学の知識がいろいろ出てきて面白いのが特徴ですね。たぶん、風水、陰陽道、奇門遁甲を本格的に紹介した作品になっていると思います。実は

もっとみる