SexyZoneのすばらしさを広めたくてセクラバを取材した

SexyZoneにどハマりして3カ月。まだ3カ月しかたってないなんて信じられない。体感的には5年くらい好きなのに。

この3カ月、隙あらばSexyZoneのすばらしさについてしゃべり散らした。うんざりした人もいるかもしれないけど、しゃべらずにはいられなかった。だって好きなんだもん!!!!!

今も2018年ツアー「XYZ=repainting」を見ている。もう何度目になるか分からない。主要なセリフ

もっとみる

【編集後記】

(1)

(レ)web無料連載小説『ここは違法風俗NEO銀河パラダイス!!』、いかがですか?この連載小説は、半ドキュメンタリー小説です。実際の事実が元になって物語が創られています。なので、フェイクドキュメンタリー小説ですかね。それを念頭に置いて、お読みください!!

サンキューベリーマッチ!!(ペポカボチャを摂取して効果を実感しつつ!)
6

編集後記 2019.7.7

自分に決断力がないとは思わないけど、飲食店でメニュー決めるのが超苦手です。そのくせ人に決められたくないので我ながら手に負えない。サバ定食と油淋鶏定食どちらにしようかとか、100年は決まらない。餓死するわ!もはや途中で決めるのを放棄している節があるし、本質的にはどっち食っても同じだと思っているのでしょうね。

サッカーや音楽にもその傾向があって、一番好きな選手と訊かれて即答は難しい。好きな選手のタイ

もっとみる

編集後記、的なもの。

「限りある時間だから、家族について考える 7つの質問」を
読んでくださった方、
考えてくださった方、
話し合ってくださった方、
皆さん ありがとうございます。

「7つの質問、どうでしたでしょうか?」
もしよければ、
感想など聴かせていただけると 嬉しいです。

実は「7つの質問」を作ってみたら?と
中尾亜由美 さんに、
アドバイスをいただいたのは
3月初旬でした。

それから約4か月もの間、

もっとみる

【編集後記】黒羽麻璃央が聖地・日本青年館を訪れた日

はじめまして、ライブドアニュース編集部です。

突然ですが、黒羽麻璃央さんをご存知ですか?とっても素敵な俳優さんです。

先週、インタビュー記事を公開しました。インタビューのテーマは、「2.5次元俳優の原点」です。

ライブドアニュースでは、日ごろから2.5次元舞台で活躍されている俳優さんを取材しているのですが、だいたいは作品の宣伝のタイミングでお時間をもらうという感じで、新作の作品についての話を

もっとみる

<編集後記> 閑話:風通しの良い暮らし(ル・プチメック コラム)

…今月も無事投稿できたコラム掲載。言い訳のような感じで編集後記を綴ってみる。

Twitterでも「閑話」とタイトルを付けてみたが、と書いているが、作家のような文才があったり、世の中の人が求めている内容を書いているというよりも、齢五十のおっさんの日常なので、普段から閑話のようなものかと思っている。

今回のコラムは30年ぐらいの期間での引っ越し歴なんだけれど、生活の主軸を何にするかで住処も替わると

もっとみる

ブログ本格始動。2019.7.1から始めること。

しばらくぶりです。ピリリ(元とうがらし)です。
6月はauWiFiのギガ縛りで2週間ほど更新を休まざるを得ない状況になったので、その間にネタ作成や今後の方向性について考えており、やっとまとまりました。

noteの方にあまり顔を出していなかったので箇条書きでサクッとご報告。

✅2019.7.1からブログを本腰入れて作成(新サイト作成開始)
✅noteは編集後記とノウハウ・気づきを書き溜める場所

もっとみる

編集後記の思い出

今日は仕事前に『アフリカ』の編集後記を書いた。『アフリカ』を読む人には、編集後記からまず読む、という方が多いみたいだ。後ろのページから開きたい天邪鬼が多いのか…(悪口じゃないです、私は天邪鬼です)、いや、まずは表紙をひらくが、ぺらぺらとめくってみて、読むのは最後のページから、ということかもしれない。

編集後記を書くのには、そんなには時間をかけない。推敲を含めても、ほとんどの場合、1日で仕上げてし

もっとみる

父と再会した話

父と再会をしたのは5月。そこからすべてが動き出してから、約1ヶ月…それは今まで生きてきた中でも苦行の毎日だった。全身の水分がなくなるんじゃないだろうかと思えるほど、泣いて泣いて泣きまくった。すべての膿を出し尽くして、削ぎ落とし、また戻って絞り出しては、吐き戻して…うっかりすれば精神の崩壊を来すほどのレベルだったかもしれない。でも、おかげさまで無事に乗り越えることができた。

 今回はコミックエッセ

もっとみる

編集者の必要性

取れ高のいいインタビューは気持ちがいい。話ははずみ、インタビュイーも楽しくなり、聞いているこっちもワクワクしてくる。

「いいインタビューだった!」と胸をときめかせ、「いい記事かくぞ!」と意気込み、文字起こしをしてハタと気が付く。切り口がいっぱいありすぎて、まとめ方がわからなくなっていることに。

昨日公開したサーティワン企画の記事が、まさにそれだ。インタビュー前にどんな話を聞きたいか、誰に向けて

もっとみる