聲の形と碧いうさぎ

「私は耳が聞こえません!」

筆談用のノートを広げて、耳が不自由な主人公、西宮硝子(しょうこ)は、みんなに筆談の会話を呼びかける。そんな硝子を石田将也とクラスの生徒たちは卑下し、数々のいじめを受け続けられて西宮硝子は学校を転校してしまう。いじめをした責任を感じた石田将也は、なんとか自分の思いを硝子に伝えようと手話まで覚えて硝子を訪ねるが、何度行っても門前払いでクラスの人たちからもいじめっ子のレッテ

もっとみる

【感想】聲の形〜人間関係の儚さと尊さ〜

1.あらすじ

“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。
ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。
しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。   
やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。
“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を

もっとみる

「聲の形」:生きることを手伝って欲しい

めまぐるしく感情を揺さぶられる映画だった。

学校生活における人間関係構築があまり得意ではなかったし、反省も多々ある私にとって、心が重くなり、イライラするところもあった。ただ、登場人物それぞれのいろんな意見があって、考えさせられた。

最後に、将也が硝子に言うセリフがすごい。「生きることを手伝って欲しい」って、うまく言葉にできないけど、すごい言葉だ。

小学校の授業で導入したらいいんじゃないかな。

もっとみる

アニメ

私の一番好きなアニメで「日常」っていうのがあるんだけど、この間京アニの事件があったでしょう?
それで始めて京アニのアニメなんだって知った。

日常

アニオタではないんだけど、こういうのほほん系のものが大好き(どうぶつの森とか)日常はシュールな笑いが魅力的だから、バカ笑いする感じじゃなくて、「ふふっ」ってかんじで笑えるのがまたいいみんなもっとみてほしいなー

氷菓

これもまた京アニだったらしいあ

もっとみる

山田尚子「聲の形」

聲の形を観たのだった。こういうことでもなければ観ることはなかっただろうが、傑作の部類であった。

繊細さと丁寧さ、ということに尽きるわけだが、同時に最高度に女性についての話でもあるのだった。原作は男性作家のようであるが、そのあたりがどのように変化したのかは、じつに興味深い。ハーレムの中心に位置する主人公を含めて、男性のほうには奇妙なまでに現実感がなく、彼らはとりまきの女子たちはおろか監督及び脚本家

もっとみる

「聲の形」すげー好きだよ。でも10年もイジメられた僕としてははじめの方は見れない。はじめての1回だけしか見てない。ゆづるが出てくるところ辺りからしか見れない。それ以降もキツイけどね。原因なんだろ? キラキラしてた髪の毛かな。好きな場面は上野がバカっていうところかな。

[アニメ記録(映画)]聲の形

ストーリー

“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。
ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。
しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。

やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。
“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れ

もっとみる

次は、私たちが背中を押す番だ

痛みごと優しく包み込んでくれる。

そんな優しさが京都アニメーションの作品にはあると、私は思う。

今、京都アニメーションという名前を出すということは、つまりはあの事件に触れるということになる。といっても数々の過剰ともいえる報道で知っている人がほとんどだろうから、このnoteでは詳細には触れない。

私は、京都アニメーションの古くからのファンではない。京アニが全世界に知られるようになった『涼宮ハル

もっとみる

「顔を上げる」ということ──「聲の形」映画感想/考察

(前のブログで書いてたものを移行しました)

少し前になっちゃうのですが、映画「聲の形」を鑑賞してきました。前回までの山田監督映画「けいおん!」や「たまこラブストーリー」とはうって変わって、ずっしりとのしかかる映画に仕上がっていました。勿論それは悪いことではなくて、よりリアルに感じられるということでもある。映画を見て感じたこと、思ったことをつらつら書いていきます。※ネタバレありです。

賛否両論の

もっとみる

【毎日映画_0018/1000】7/18_『聲の形』

京アニ映画。

「ハルヒ」も「氷菓」も「エヴァーガーデン」も大好きです。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。傷つけられた皆さんが、1日でも早く回復されますように。

ーーーー
『聲の形』(2016)

監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
ーーーー

〈ストーリー〉
主人公・将也(しょうや)の小学校に、耳が聞こえない西宮硝子(にしみやしょうこ)が転校してきた。うまく話せずいじめてしまい、周りの

もっとみる