自由業

ノマドワーカーのオフ

写真は一昨年の街のクリスマスマーケット。

今日は私のとあるオフの1日について。

12:00-13:00

起きたらベッドの近くにおいてあるハイドロフラスクから水を飲む。これは災害対策としてやっていることの一つで、寝る前に必ず水をベッド周りにおいておく。あと、キッチンのブリタにも水を目一杯まで入れておく。私は1日水を2リットルは飲むので、この2つは欠かせない。

まだ日本に帰ってきて一年が経って

もっとみる

やりたいことができるようになるたった一つの方法

そんなことってある?実はある

私はどうやら、他の人から見て大概(いつも?)自分のやりたいことをやっている人に見えるらしい

「いつも旅行に行ってていいな」

「フリーランサーっていいな」

「ヨーロッパにバックパックパッカーしに行ってみたい、アメリカに行きたい」

確かに、私は大概自分のやりたいことはやっているし、やれている

けれど、それは私が頭がいいからとか、運がいいからとかでは決してない

もっとみる

カメラ片手に会社辞めたった

どうも、ヤシの木です。
脱サラしてフリーのカメラマンになりました。

写真撮るのはもともと好きで、それが仕事にできればなぁとぼやーっと考えていたんですが、食っていけるかわからない世界に飛び込む勇気もなくサラリーマンやってたんですよ。

ずっと派遣で働いていて、やっと採用してもらえた正社員。
小さい会社ながらも人のよさそうな社長に仲のよさそうな社員たち。
やってくぞ!と決めました。

一年目の夏。

もっとみる

セカンドハーフ通信 第86話 セカンドハーフのビジネス

セカンドハーフのビジネス

同い年のGさんは長く会社勤めをしていたが、10年ほど前に独立した自由業の先輩だ。今の彼の仕事は、推理小説家、通訳、人材紹介業、経営コンサルタントといったところだ。

元々は証券マンだったがヘッドハンターに転進し、その後独立したという経歴だ。多彩な人で小説を何冊か世に送り出している。話題も豊富で、一緒にいて楽しいひとだ。

Gさんは心臓機能に疾患があるそうで何度か大きな手

もっとみる

たぶん、自己紹介みたいなこと。

わたし、30代。自由業。
ピチピチちゅるちゅるピカピカぐいぐいの20代の若さや行動力を羨ましく思いながらも、それなりに色んなことに「まあいいか」とのんびりやり過ごせるようになってる自分に気づいた30代の初心者。
最近、彼だった人が夫になったばかりだ。(うそみたい。びっくり。未だに自覚ない。)
仕事しながら好きなことをする時間も取れ、ほどよく家のことをしつつ、たまに夫と変なダンスをして楽しく生活でき

もっとみる

アフィリエイトとか、ユーチューバーとか、もう古くない?って言葉を聞いたから、私が先に対策を打っている3つの作戦

はじめまして!

私は普段はブログをやっている先行者と申す者です。

この記事、お買い上げありがとうございます。

去年9月からアフィリエイトをはじめましたが

正直アフィリエイトで利益を出すのは難しいと感じています。

さらにユーチューブは、フォロワーが1000人超えないと利益化出来ず、ユーチューブのルールの中での作品作りを強いられます。

せっかく自由に生きてるのに!

誰にも何にも縛られたく

もっとみる

ワークライフバランスが不要な人たちが持っているもの

ワークライフバランスはサラリーマンを対象とする考え方だと思う。GWでも望んで仕事をしている自営業には不要だからだ。ただ、同じ自営業でもワークライフバランスが必要な人はいる。必要な人と不要な人。不要な人が持っているもの。起業や副業に関心のある人のご参考になればと書いてみた。

そもそもワークライフバランスが必要なのは、次の2つの人たちだと思う。

①止む無く仕事をしているサラリーマン
➁名ばかり自営

もっとみる

45歳からの外資転職ノート エピローグ

エピローグ

13回にわたっての「45歳からの外資転職ノート」にお付き合いいただき、ありがとうございました。60歳になったのを期に、今まで書き溜めてあった3つのエッセイ「外資系企業人事部長の部下へ宛てたHR Letter」「45歳はじめての転職」「45歳からの外資転職ノート」を掲載させていただきました。

自分の現状を変えたいと思い、45歳で日本企業から外資系企業に転職しました。カルチャーの違いか

もっとみる

フリーランスって実際どうなの?

「フリーランスで働いているんです」

と、よく初めて出会う人に言うと必ず

「いいですねー」

と言ってもらえることが多いのだけど、本当に良いの?

特に私のような非プログラマーのフリーの人は特に以下のような状況が多いと思う。

・お金は安定しない

・生活時間は安定しない

・健康状態は安定しない

まず、お金の話。

私の場合、初めの頃は本当に生活できないのではというくらいのお金しかもらえなか

もっとみる

1/22 社会勉強

1月20日〜21日にかけて、『YouTube新チャンネルのお名前アンケート』なるものをとった。より視聴者目線で、親しみやすい名前をつけたいと思ったからだった。結果、6票の投票数を獲得して、名前は「たけっちコンサルTV」に決定した。わたしの中ではいちばん人気がないだろうと予想していた名前で、アンケートをとって良かったなあと心から安堵した瞬間。

普段からどれだけ多くの人が見てくれているか、というとこ

もっとみる