33。うまく回らん!振付師香照音です。

ホント、要領悪いとはまさにこの事。今日はとことん、する事が裏目にでるというか、2度手間が多い日だ。

最近気づいた自分の性格の1つで、私はせっかちな面があるという事。

小さい事だけど、コピー待ちをしていたのだけど、前の方が、長い。

それだけで、おーいって感じになってる自分がいる。

これ、以前からなのだろうか。

振付師のお仕事はとっても、早く動かないと、どうにもならない事がある。

この仕事

もっとみる

寝起きで思った。白雪姫ではないのです。

風邪ひいて、眠くて寝た。
ああ、すごく寝た。
これで少しはよくなったかな。

日が昇っていたのに、気づけば日が沈んでいた。
一日をすっ飛ばしたような感じだ。
なんだかな、この感じ。
損したのか、得したのか。

三年寝太郎のように、起きて人の役に立つ大きなことを為すわけでもなく…。
白雪姫や眠り姫のように、王子様が起こしてくれるわけでもなく…。
昔ばなしやおとぎ話は、そんなことを言いたいのではな

もっとみる

緊張と弛緩

物事には表と裏があります。
すべての事にプラスとマイナスがあります。
白と黒のように…

体も同じで、緊張も弛緩も大事です。
(緊張とはトレーニング、弛緩はストレッチのことを指しています)
やっぱり循環が大事ですね💫

どちらかだけばかりをやっていると、体が硬くなったり緩みすぎたりします。
どちらでも怪我に繋がりやすいので気をつけましょう。

なぜどちらも大事なのかというと、使える範囲が広くてそ

もっとみる

仮と本と責任と㊁

ここは集団の魂を纏める形で書きます。「どろんこ」は主として私を研磨しまくる目的のマガジンで、自分でも痛いほどの快さ‥。!(^^)!

―・―・―・―・―・―・―・―・―・

普通に暮す私(たち)は契約を自覚しているか?それとも自覚していないか?(近年は特に)契約を自覚して暮らす私のようです。大人の責任を自覚しだしてから日々をノンベンダラリと無自覚でやり過ごせなくなっているみたい。

大人だの、責任

もっとみる

運命を刈り取る、人格と習慣の総体。

「これから」あなたが、本気で人生を変えていくためには、

あなたの内側にアクセスして、

あなたの【規格】を、

変えてしまう必要があります。

この世界には、こんな格言があります。

思いの種を蒔き、
「行動」を刈り取る。

「行動」の種を蒔き、
『習慣』を刈り取る。

『習慣』の種を蒔き、
【人格】を刈り取る。

【人格】の種を蒔き、
運命を刈り取る。

これは、

あなたの「思い」が出発点と

もっとみる

人の気持ちがわからない人の3つの自覚。

なぜこのテーマをお話しするか?もしかしたら自分が

人の気持ちがわからない人になっていないかを自覚するためです。

なぜなら、人の気持ちがわからない人は基本的に何も見えていない

自己中心に物事を捉えて生きているからです。

・人の気持ちがわからない人の心理とは?

「自己中心に物事を考え、すべて自分が正しいと思っている。」

・人の気持ちがわからない人の特徴とは?

「相手の気持ちに耳を貸さず、

もっとみる

あなたを細胞レベルから書き換える

「これから」あなたの『人生のステージ』を

本格的に上げていき、

あなたが望む「生き方」を手にするためには、

あなたの内側に秘めている能力を

「開花させる」必要があります。

あなたの内側に秘められている能力を、

「使いこなすこと」で初めて、

あなたの人生は大きく変わっていきます。

それは、今のあなたでは決して

「想像もできないほどに」です。

あなたを動かしている「プログラム」を、

もっとみる

ユニフォーム

何かのユニフォームを着たことがあるだろうか?スポーツ、アルバイト、仕事なんでもいい。その時どんな思いでそのユニフォームに袖を通しただろうか?

もっとみる

人にしてあげたい事は自分が必要な事。

自覚できるかどうかはそれぞれだと思います。
自分が他者にしてあげたい、しようとしている事は、本当は自分こそが必要なこと。
自分がしてもらいたい事だったりします。

ここに自覚があると、自らの不足を他者に与えると言うParadox(パラドックス)=矛盾から抜けられます。
そして、昨今、自愛などと言う言葉で言われるようになりましたが、まず自らが足りていることがポイントになります。

無自覚に自らの不足

もっとみる

あなたを異次元まで高めるために、自覚という能力を開花させる

あなたが今までの「人生」を終わらせて、

まったく新しい『人生』の扉を開けて、

前へ前へと進んでいくためには、

あなたに備わっている【自覚】という能力を、

開花させていくことです。

ぼく自身も、【自覚という能力】を、

開花させるようになってから、

等身大の「自己価値」を知り、

それから、

自分が「生きていく世界の認識」を、

正しくすることができました。

自分(人間)という存在に

もっとみる