長短帳

SADとか回避性人格障害とか諸々について

前回の記事、我ながら「本当に面白くねぇな」と思いました。
まあ備忘録みたいなものなので別にいいんですけど。
深夜の勢いで書いたし。勢いは大事。
にも関わらず、閲覧ありがとうございます。

今回も別に大して面白くもためにもならないと思います。
卒論執筆作業という現実からの逃避です。

SADと回避性人格障害

私は10年ほど前にも今回と同じような
うつ状態に陥った事があったんですが、
その時には一回

もっとみる
スキ、ありがとうございます😊
2

一年

お久しぶりです。
メンタル安定してると吐き出すほどの事が無いという。平和。
いやモヤモヤしたりとかそういう事は
毎日のようにあるんだけれども、時間が経つとどうでもよくなったり。

この間、たまたま初診時の処方箋を見つけたんですが
日付がちょうど一年前で、ああもうそんなに経ったんだなぁ、
としみじみしていたので個人的メモみたいな感じで
治療前と現在と色々比較してみようかと。

精神状態など

今思え

もっとみる
スキ、ありがとうございます😊
1

続・夢言語の話

先日、夢の中で使われる言語についてちょっと書いてから
色々考えていてふと気づいたことを。

今でこそ夢で使っている言語の比率が日本語7割、ポ語3割
(+ごく稀に英語か独語)くらいになってきたんですが、
私にとっての第二言語であるポルトガル語が3割くらいに
到達したのって結構最近なんですよね…。
で、それまでも舞台が地元な夢は見てたんですが、
面白いことに『自分が聞いてるor喋ってる言語』は
日本語

もっとみる
ありがとうございます、嬉しいです!(^o^)
1

はじめてのインターネット

インターネットに初めて触れたのは、
小4か小5くらいの時だったかなぁ。
最初は父のパソコンでお絵描きするくらいだったのが、
学校の情報の授業でパソコンを触るようになって
友人に面白いサイトを教えてもらったりして、
本格的?にネットサーフィンをするようになった。多分。
当時、社会の課題でグループ毎に各県の名産品や特徴を
調べて発表するっていうのがあって、
同グループのメンバーとネットで方言や風習につ

もっとみる
スキ、ありがとうございます😊
2

夢言語の話

寝る前にふと、最初の記事にスキしてくれた方の記事が目に入って
読んでたんですけど、色々と「なるほど」と思って…↓

他言語の夢については、私も昔から色々考えてたんですよ。
私は一応、日本語(流暢)、ポルトガル語(流暢??)、
英語、ドイツ語(どちらも基礎レベル)くらいならできるんですけど、
夢で使われる言語ってどういう理屈で決まるんだろう…って
不思議に思っていたんだ…。

例えば、今の地元に住む

もっとみる
スキ、ありがとうございます😊
2

私の事

タイトルつけるのがめっぽう苦手です。

まず、軽く生い立ちでも。生まれは南米某国。
2歳になる前に一家で渡日。それから11歳までは都民でした。
保育園年長の時に家庭の事情で祖父母の住む生まれ故郷に半年程在住。
地元の幼稚園に通ってたけど、現地の言葉を一切知らなかったので
めちゃくちゃ心細かった。
東京に戻ってからは、保育園に戻り、
地元の市立小学校で普通の小学校やってました。
元々内向的な性格では

もっとみる
ありがとうございます、嬉しいです!(^o^)