一匹ごときで

家にあいつが出た。黒くて小さいあいつが。急いで近くのコンビニに、ゴキジェットを買いに行った。

ここ数日、気持ちの余裕がかなり無くなっていた。仕事のこと、今月末の引っ越し、連日続いていた寝不足。小さなストレスが積み重なっていたのだろう。あいつが出てパニックになった。

一人暮らしをしているので、家で何かあったとき、基本的に自分で対処しなければならない。今の部屋に住んで4年。この4年の間にも、困った

もっとみる

あなたがいるから

どこかの本で読んだかも知れないし

どこかの動画を視聴したのかも知れない

記憶に残っている言葉

生まれて来たことに意味がある

あなたは存在しているのだ

存在していることに、価値がある

何をしたか、何をするか

それが全てではない

今、ここにあたなが、いることに価値がある

今、私は確かに存在している

私という人生においては、主人公なのだ

脇役ではないことも間違いない

あくまで、私

もっとみる

隣人が【連日深夜にDIY】やめてもらうには

🔵隣人が連日深夜にDIY…やめてもらうには?

⏺️管理会社を頼っても、解決は望み薄

⬛️連日深夜にDIYをやめてもらうには、どうしたらよいのか

⏹️連日、深夜に階下から「トントン、ドンドン」

そんな住人に悩む声が多々あり、どうやったらやめてもらえるのか。

頼みの綱とすがった管理会社からは「できることは、張り紙をする程度」と言われてしまった。

住人はどのような対応できるのか。

ここか

もっとみる

夜中のお風呂…

先月

古いアパートに引っ越した

片付けも一段落して

ふと気づいたら…

隣はいつも

夜中の0時頃

お風呂に入っていた…

寝ようとすると

壁がとても薄い為
子供の話し声や

風呂水のバシャバシャという

音が聞こえてくる

ずいぶん遅くに入浴するんだな…

と少し不思議に思っていた

ある日
隣人と偶然

階段であった為

「こんにちは」

と挨拶をし

何気ない会話の後

「お風呂は

もっとみる

奇妙な隣人が越してくる

日曜日の朝、トラックの荷の積み卸しの音で目が醒めた。空き家だった隣に、新しく住人が越してきたらしい。
 ほどなくしてチャイムが鳴った。わたしはパジャマ姿のまま、玄関の戸を開ける。
「はーい、どちら様でしょう?」
 
 戸を開けたにもかかわらず、目の前は暗い影が差したままだ。おかしいな、朝だと思ったけれど、実は夜だった、そんなオチなのかな。
 パオオオーンッという音とともに、やたらとでかい声が轟いた

もっとみる

隣人の騒音。成敗したい!

僕は田舎の某マンションに住んでいる。田舎といっても近くにはスーパー、コンビニ、それから駅もある。とても良い環境であると思う。1つの問題点を抜かせば。その問題点とは、そう!タイトルにもある通り、、、

隣人の騒音である。これがまあうるさい。僕が住んでいるマンションの部屋は、決して壁が薄いわけではない。それなのに、隣人の声はそれを物ともしない。ちなみに隣人は、外国人の方である。

特にうるさいのは、深

もっとみる

隣人の恐怖

先日、京都でアニメーション制作会社が放火されて、たくさんの方が亡くなりました。

偏った思考もしくは頭のおかしい人間によって、罪のない人々が意味もなく傷つけられたり、殺されてしまうのは本当に悲しい事だと思ったのですが、この放火の犯人が、事件を起こす前に、普段生活していた時の状況についていろいろなメディアで放送されていますが、大きな声を出したり、暴れたりして周りの住民とトラブルを起こしていたとの

もっとみる

シモーヌの場合は、あまりにもおばかさん。----ヴェイユ素描----〈12〉

自他の区別のつかない、慰めのない「不幸」の中で、自らに対する執着を捨て、自分自身の魂を「真空」の状態にすること。そのときはじめて人は、「不幸」というものと向き合うことができるところとなる。不幸な人々と共に生きることができるところとなる。
 ではこの「真空となる」ということはどういうことなのか?
 「…この真空はどんな充満状態よりも、充ち溢れている。…」(※1)とヴェイユは言う。真空であるからこそ、

もっとみる

続・ヒツジくんは高電圧の柵の中

近所にヒツジが住んでいる。

先日、息子と散歩していると、太陽光パネルの畑のヒツジが4頭に増えていた。

飼い主らしき長靴着用の男性が背の高い柵越しにヒツジを見つめながら、そばを通りかかった息子に「ほぉら、ヒツジさんがいるよ」と優しく声をかけてきた。

私が息子に追いつきざまに「ヒツジ、増えましたね」と会釈しながら話を振ると、

「今、運んで来たんです」とも。

なるほど、そばには軽トラックが停め

もっとみる

シモーヌの場合は、あまりにもおばかさん。----ヴェイユ素描----〈11〉

「…不幸のために自由な同意の能力をとり去られている他者に対して、そのような能力を生じさせようとするのは、他者の中に自分からはいりこんで行くことであり、不幸に対して自ら同意を与えることである。すなわち、自分自身を破壊するのに同意することである。つまり、自分を否定することである。…」(※1)
「…注意力とは、自分の思考を停止させ、思考を待機状態にし、思考を空しくして、対象へはいって行き易いようにし、利

もっとみる