【自動車】ガソリンか電気か;動力性能

日産リーフのトルクカーブを見つけたので、ガソリンエンジンと比べました。ガソリンエンジンは、リーフの出力に合わせてトルクカーブを決めました。その際には一般的なNAガソリンエンジンの回転数と平均有効圧を用いています。

 ガソリンエンジンの低速トルクが貧弱すぎると思うのは早計で、ミッションで低速トルクを持ち上げます。
 ミッションも含めて、駆動力相当を比較すると

 このときガソリンエンジンは排気量2

もっとみる

【自動車】ガソリンか電気か;燃料代

ガソリンの仕様は下記のようなものです。

値段;136.4円/リットル(神奈川県ガソリンスタンド平均)
 e燃費(https://e-nenpi.com/gs/prefavg
低位発熱量;44MJ/kg
 村中重夫『新訂自動車用ガソリンエンジン』32ページ
密度;0.783g/cm3 at 15℃
 機械工学便覧γ4-1

つまりガソリンは1MJ(メガジュール)あたり、3.96円します。
 一方

もっとみる

将来的な電気自動車義務化は暑いところや寒いところでも?

CO2削減のためにガソリン車が目の敵にされるような時代になりつつあります。その流れに沿う形で、電気自動車へのシフトを進めるべきだという意見もよく聞かれます。環境先進国を自認する国々ではその風潮は確かなものになっています。

フランス 2040年にガソリン車、ディーゼル車の販売禁止へ EV普及を促進
https://zuuonline.com/archives/161520
フランスのユロ・エコロジ

もっとみる

https://jp.techcrunch.com/2019/08/02/2019-08-01-an-autonomous-robot-ev-charger-is-coming-to-san-francisco/
EVに自動充電するロボチャージャーがサンフランシスコにやってくる

自動充電するロボチャージャーの記事。移動可能、と言う訳ではなさそうだが、自動で充電されるのは非常に面白い。自動運転、自動充電の親和性で一気に普及するといいと思う

思ったことをノートしている(自分)

どうやら、海外に目を向けると電気自動車と急速EV充電器が急速に普及しているらしい。東京電力の”でんき予報”を見る限り6000万キロワットを上限として、この暑い季節の電力需要のピークは96%にものぼる。節電とはいえども、熱中症になりたくないのでエアコンをかけるのだ!仮に電気自動車が普及し、急速EV充電器が国内アチラコチラに設置され、お盆の大渋滞と民族大移動が一斉に始まる。電気自動車の一斉充電がはじま

もっとみる

夏になると思うのが、温暖化。個人でできることは何かなと

梅雨が明けて、暑いですよね。

そんな夏になると思うのが、温暖化。

個人でできることは何かなと。

日本の温暖化ガス削減の中期目標「2013年度比で26%削減」だそうで。

二酸化炭素の排出量を減らすと良さそう。

そして、家庭からのCO2排出量を見ると、乗用車が28.6%になっています。

https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/1142.html

もっとみる

【日経クロストレンド連載企画/全文公開】第4回/配車だけじゃない 多角化ウーバー5つのビジネスモデル図解

#自動運転 #電気自動車 #人工知能 #MaaS #IoT #AI #イノベーション #マネジメント #メディア
こんにちは!阿蘓です。
現在、次世代のモビリティサービスについて日経クロストレンドさんと連載企画を行っていますが、その連載記事をnoteで全文公開します!日経クロストレンドに登録している方は、もう見てくださった方もいるかもしれませんが、より多くの人に見てもらうために、自身のブログとして

もっとみる
スキ豆知識④:調査によると38%の人が自動運転に不安を抱いている
2

次世代自動車はどのような展望をむかえるのか?

自動車の動力源として採用されるエネルギー源は、各国においてそれぞれの国の状況を反映した内容となっている。日本国においては現在、ガソリン車が約八割を占めそれに続くハイブリッド車についても約二割程度にとどまっている。将来的にハイブリッド車の割合は増えては行くものの、それでもガソリン車の優位性は揺るがない。それに対し、北アメリカではガソリン車に次ぐ割合を占めるものがフレックス燃料車である。南アメリカにお

もっとみる

産業の突然死。自動車業界の未来を考える

ある日突然、業界自体が消える。
21世紀になってから、このような事象が結構起きてるな〜〜と感じます。

例えば、デジタルカメラ
つい最近までフィルムカメラに変わって、デジタルカメラの時代が一世風靡しました。ところがスマートフォンが出てきて、画素数がデジカメと遜色ないレベルまでになると、売り上げがガクッと落ち、多くのデジタルカメラを作っているメーカーが苦戦を強いられています。

例えば、本屋
これも

もっとみる

中国BYDの電気バスの海外輸出が好調

世界最大の電気自動車メーカーである中国のBYDの電気バスの海外輸出が好調だ。BYDは電気自動車については海外市場への投入に苦戦している一方、電気バスについてはうまくいっているという。

グローバルな電気バスの売上の多くは先進国の売り上げをはるかに上回っている中国に依存しているものの、BYDのシェアはそのなかでも15%にのぼると言う。

https://bekryl.com/industry-tre

もっとみる