靈授

クリーン・アップ・パイプのやり方

ナチュラル・レイキでは、アチューンメントの代わりにクリーン・アップ・パイプを行うと、前回の「クリーン・アップ・パイプとは?」で書きました。
これは、氣(靈氣)を効率的に大量に流すための方法で、様々なやり方があると思います。
ここでは、私が考えるクリーン・アップ・パイプのやり方を紹介します。

簡易的なクリーン・アップ・パイプのやり方

まずは、誰もが簡単にできて、しかも効果がある方法です。
私の講

もっとみる
これから24時間以内に、すっごくいいことがあるでしょう。
4

ナチュラルレイキとは?

私は、2016年に西洋レイキのマスターとなり、2018年には日本伝統のレイキである直傳靈氣の師範格になりました。
つまり、西洋レイキのアチューンメントも日本伝統のレイキの靈授も、どちらも行える立場になったのです。
西洋レイキではマスターも養成できますが、直傳靈氣ではまだ前期講座を開けるだけです。
そういう意味では、まだ学びの途上とも言えますが、ほぼすべてのことを学んだ状態とも言えます。

この他に

もっとみる

アチューンメントって必要なの?

ここまで読まれてきた方の中には、「アチューンメント(靈授)って必要なんですか?」という素朴な疑問を抱かれるかもしれません。
レイキが人間の本能であり、レイキ以外にも手当て療法があるとすれば、レイキのアチューンメントが絶対視される理由がないからです。

アチューンメントするのがレイキ

しかし、日本伝統の霊氣では、やはり靈授を受けなければレイキはできないという立場です。
また西洋レイキでも、アチュー

もっとみる

レイキは誰でもできるもの

大正末期に創設された「臼井靈氣療法学会」によって、レイキは日本中に広まりました。
戦前には、最大で100万人もの人がレイキをしていたと言われています。

どうしてそんなに広まったかと言うと、1つには誰でも靈授(アチューンメント)を受ければレイキができるようになったからです。

レイキの回路とアチューンメント

レイキの講習を受けると、数回の靈授やアチューンメントを受けます。(以下、西洋レイキで呼ぶ

もっとみる

レイキは日本発祥のヒーリング手法

レイキの創設者

レイキは、大正末期に日本で始まりました。
創設者は臼井甕男(うすい・みかお)氏です。
1922年(大正11年)4月、臼井氏は東京で臼井靈氣療法学会を立ち上げ、約4年間、レイキの普及活動をされました。
その普及活動中の1926年3月9日に、臼井氏は亡くなられています。

レイキとは?

現在は「レイキ」と呼ばれますが、正式名称は「心身改善臼井靈氣療法」と言います。
靈氣を用いて心身

もっとみる