黒い糸

魂、分かちがたく、そこに在り。

【塩田千春展:魂がふるえる】
塩田千春の過去最大規模の個展。
1990年代の初期作品やパフォーマンスの記録から、
代表的なインスタレーション、最新作までを網羅的に紹介している。

塩田は、自らの身体と作品を分かちがたい
一体のものとして捉えているという。
初期のパフォーマンス、自身が演じる映像作品などで、
肉体としての己の限界と、そこを超えていこうとする精神の有り様を
まざまざと見せつけているよ

もっとみる