ITベンチャー

第13話 君は狂人になれるのか

← 第12話

日本最大のB2Bサイトを目指して出航した矢先に、大海原で羅針盤が故障してしまったProTrade号。景気の「なめらかな下り坂」のもと、奮闘は続いていきます。

足もとの、新規登録はぼちぼち、取引成約もぼちぼち。なんというか、ブレークしない売れない漫画家状態。毎日のように「いきなりバズって大化けしますように」と祈っていたと思います。

さて、8月末。いよいよガソリン(運転資金)が足り

もっとみる

第12話  将軍との邂逅

← 第11話

ふと、オフィスで顔を上げると、高めのヒールを履いて、さらに長身となった、戦闘モード全開の佐藤さんが目の前を塞いでいました。

おっのぽーん。広告、売れましたですわよー。ぬほほほ。

プロトレード 社に、はじめて売上が立った瞬間でした。どうやって売ったのかは今もって謎ですが、できたてのウェブサイトのバナー広告が、いい値段で売れたのです。インプレッションとか、クリック単価とか、ちゃんと

もっとみる

第11話 センター街の亡霊

← 第10話

2000年8月。全取締役の給与はゼロになりました。

この給料支払いストップの現実が、持ち前の闘志に火を注いだのか、創業メンバーの佐藤さんが、がぜん動きだします。

おっのぽーん、こうなったら、死ぬ気で営業っすよー。
ガシガシ広告で売上つくるしかないですわよー

彼女は、別に帰国子女でもないのに、言葉遣いとリアクションが日本人離れした長身ビジネスウーマンです。

「ちゃんと俺のこと

もっとみる

【17卒インタビューvol.1】ファッション一筋の彼女がリッチメディアを選んだ理由

noteをご覧いただいている皆さん、こんにちは!リッチメディア採用チームです。

リッチメディアで働いているメンバーがどのような想いでリッチメディアに入社し、日々の業務でどういった思考を通しているのか、皆さんに知っていただきたく19卒がインタビューを実施!

初回は、入社3年目の17卒、小谷 毬乃(こたに まりの)さんに、19卒入社の佐藤 理紗子がインタビュー!

現在、人事部にて新卒採用責任者と

もっとみる

第10話 遥かなるバレー

← 第9話

そんなこんなで、後ろ髪を軽く引かれつつ、アイシーピーさんからの出資オファーはお断りしました。

こうなると、いよいよタイプCの投資家を巡ることになります。

タイプA 祭りの終わりを察し、さっと引き揚げる人
タイプB 祭りが終わっても、片付けに時間がかかる人
タイプC 祭りが終わったことに、気づかない人

お会いしていたのは、地方関係、銀行関係、公的資金関係の投資機関だったと思います

もっとみる

第9話 ビンテージデニムの男

← 第8話

当時の、日本のベンチャーキャピタル(VC)業界は、昨今の姿に比べれば、少し滑稽な状況だったのかもしれません。

普通に考えれば、VCも金融サービスなので、行動原理はおおかた同じ。であるはずなのですが、まだ業界が勃興期だったということもあり、みなさんが外資ファンドのように手仕舞い。または、賢く引き締めをした訳ではありませんでした。

実際には、投資といいつつ、融資のような感覚(と、手法

もっとみる

転職して7日で、最低から最高になった話

大手からベンチャーへの転職

8月、2年半働いた人材大手からIT系ベンチャーへ転職した。

転職したいちばん大きな理由は「成長スピードを上げたい」。

その希望を叶えつつ、文章に関わる仕事×人生の選択に関わる仕事×成果が見える仕事という軸で探したときに、採用メディアの運営とHRマーケティングができるいまの会社がぴったりハマった。

優秀な人たちが、大手の10倍のスピードで進んでいく世界

入社して

もっとみる

第8話 大志満とジェントルマン

←第7話

ネットバブルはパーンと破裂したのですが、実際には、瞬時にリセットが起きたという訳ではありませんでした。事業活動の現場と、株式市場の動きには、やはりタイムラグがあるようです。

どうしてそうなるか、ということを振り返りますと、

タイプA  祭りの終わりを察し、さっと引き揚げる人
タイプB  祭りが終わって、片付けに時間がかかる人
タイプC  祭りが終わったことに、気づかない人

大まか

もっとみる

佐々通オンサイト様/IT機器設置現場サービスのパンフレット用漫画

IT機器の設置に関する、現場対応サービスを仙台を拠点に全国で展開している、佐々通オンサイト様のパンフレット用漫画2種を制作させていただきました。

こちらは最初のご依頼時にとても分かりやすいパンフレットの仕様書をいただいたので、それを元にシナリオを作成しました。

実際の仕様書の公開許可をいただいたので、こちらに載せさせていただきます。

こちらをもとにして、シナリオを制作します。

シナリオのO

もっとみる

10年後の常識を変える方法、教えます――VERTEXグループより、はじめましてのご挨拶。

はじめまして、VERTEXグループです。私たちは、東京都新宿区にオフィスを構え、事業開発やエンジニアの教育事業を行なっているベンチャー企業です。名前を聞いたことがある方も、ない方も、これからどうぞよろしくお願いします。

なぜ私たちがnoteをはじめようとおもったのか。結論から言うと目的はこの3つです。

・常識にとらわれず挑戦を続ける人を応援するため

・「こんな生き方もあるよ!」と多くの人に伝

もっとみる
今日の運勢は大吉!ぜひ新しいことにチャレンジしてください✨
16