noteでCameraRawやRaw現像ソフト、カラマネについてTIPSなどを書いていこう

ずっとexciteブログを書いてきたけど、友人や周りから「noteで記事を書けばいいのに..」とよく言われるようになった。
確かに、いつもブログに書いている記事は資料画像作成を含めて、かなりの時間と労力はかけてる。おまけに周りからは仕事のように思われてるけど、そんなことはなくて本当に単なる趣味。。もはや趣味の域は超えてる部分もあるけど..(^▽^;)
なのでセミナーはともかく、ブログでは流石に書き

もっとみる

こんなプリセットはいかが? ver.和やかな日

こんにちはシオタニです。
今回はマットな色味で、落ち着いた雰囲気がお気に入りのプリセットをご紹介したいと思います。

使用例

このプリセットでは、落ち着いた雰囲気の写真に仕上げることができます。意外に汎用性が高く、雨の日から晴れの日まで、山から海まで様々な写真にマッチします。

私のnoteにも何度か登場しているこの写真。実は今回のプリセットを当てはめただけなんです。お気に入りすぎて何回も登場さ

もっとみる

iPad ProでRAW現像をするのは現実的か

電話はiPhone、タブレットはiPad Pro、時計はApple WatchでパソコンはMacBook Proと、どう見ても信者みたいな環境を構築している私ですが、スマホ黎明期はAndroidも頻繁に買ってたし、Windows Phoneも大暴落した頃だけど手に入れるくらいにはガジェッターだったんです。どうしてこうなった。

そんな話は置いといて、買い漁るに至った理由はただアプリを通してどんなこ

もっとみる
ありがとうございます。気に入っていただけたらフォローもお願いします!
1

【National Geographic】花火大会ポートレート 撮影~レタッチ方法

こんばんは、こがめです。

三年くらい前から花火大会でポートレートを撮り始めましたが、撮れば撮るほど奥が深いなと感じます。
バリエーションも豊富で、自由度の高い撮影を楽しむことができるので、普通の花火撮影に飽きてきたら是非チャレンジしていただきたい題材です。

さて、今年の長岡花火で撮影した写真がNational Geographic YOURSHOT のDailyDozenに選ばれました。ちょう

もっとみる

RAW現像とは何かというお話

良くSNSではこんな話が上がります。
「現像せずに撮って出しで」「現像なんてしなくても良い写真」「現像しすぎ」「何で現像するの?」などなど
何故かRAW現像=悪と捉える人がいます。

それ自体は人の趣味趣向なので、別に良いのですが、そもそもデジタル時代でもアナログ(フィルム)時代でも現像しなければ写真は見れません。
デジタルの場合、CanonならDPPなどの特殊なソフトウェアでは見えますが、SNS

もっとみる

中之島の橋Raw現像設定メモ(富士フイルム)

↓元画像。

橋はかっこいいけどけど少し暗くて物足らないかなという写真。これをLightroomで現像していく〜。

とりあえずカメラプロファイルをVelvia。夜景は色がきれいに出るVelviaが安定な気がする。

次はハイライト+40、シャドウ+53で明るさ、暗すぎを補正。

シャープ+38でレンズ描写の物足りなさを補う(今回はサムヤン12mm)。かすみの除去+21、色温度-222で青みを少し

もっとみる

Photoshopを使った星写真の効果的なノイズ処理

皆さんこんにちは。
今日は星の写真においてのプラグイン等に頼らないノイズリダクションの方法を解説します!

近頃、沢山のプラグインソフトが登場し、ノイズ処理についてもだいぶ進化してきました。
ですが、今回はPhotoshop内で可能かつ、個人的に非常に効果の高い方法を解説します。

まず、ノイズリダクションのそもそもの目的は、輝度ノイズやカラーノイズといったISO感度をあげることによって発生するノ

もっとみる

RAW現像について

今回はRAW現像について自分の考えというか、スタンスを描いてみようと思います。

自分の手の内も晒すことになるので、有料とする事をご容赦して頂けると幸いです!

さて、今回はRAW現像という事ですが、まずRAW現像について基本的な部分を除いて、皆さんが抱いているイメージは何でしょうか?

・失敗してしまった写真を見られる、又は公開できるレベルまで仕上げるもの
・自分の頭の中のイメージを具現化するも

もっとみる

RAW撮影と現像のこと

こんにちは、SHINYA MATSUMOTOです。
普段からちょっとモヤモヤしてることについて書いてみたいと思います。

もちろん、いろいろな考え方や感じ方があって、何が正しいとか間違えているとかって話ではありません。

現像(レタッチ)までやって初めて完成

なんて言うか、女性がすっぴんを見せたくないと思うのと同じなんでしょうか...撮った写真を人様に見せるのは現像(レタッチ)を済ませたもの

もっとみる

現像済みフィルムを永久に残すために自宅でデジタル化&プリセット

写真用フィルムはデリケートな材質なので劣化してグルングルンに丸くなったり、ベタベタになったりしてしまいます。もちろん色も変わってしまいます。
そうなる前に!フィルムをデジタル化して永久保存します。
この記事はフィルムを自宅でデジタル化した時の方法やコツをここに公開しています。更に有料記事部分に2つのLightroom用プリセットを公開します。

特に日本の気候は超過酷。高温多湿+α
僕はプロダクト

もっとみる