nTech

真のインクルージョン、真のダイバーシティを創りたい OVER THE RAINBOW 代表 荒牧 明楽さん

生まれた時から心は男性、体は女性として生まれ、自分が何者かわからず、迷い苦しみ死も覚悟した経験を経て、世の中のすべての境界線をなくす技術との出会いから、現在、真のインクルージョン(※1)、真のダイバーシティ(※2)を創っている荒牧 明楽さんにお話を伺いました。

プロフィール
出身地: 福岡県柳川市
活動地域:福岡、九州を中心に全国
経歴:佐賀大学経済学部卒業後、株式会社リクルートに入社
その後、

もっとみる

日本式Teal組織実践モデルの具現化にチャレンジする株式会社イーソーコ博多代表取締役の岡崎善之氏

福岡発のオリジナル教育技術nTechを活用しnTech経営塾を経てTeal組織作りに挑む岡崎善之さんにインタビューをさせて頂きました。

岡崎善之さんプロフィール
出身地:千葉県生まれの鹿児島育ち
活動地域:福岡、東京
経歴:システムエンジニアのキャリアを経て
吉田倉庫株式会社 専務及び株式会社イーソーコ博多 代表取締役に就任、2社を兼務する。
経営者としての苦難を経験する中、キリスト教や仏教を中

もっとみる

いんよう

陰陽

とは

2

好き嫌い



2

自分と他人



2

男と女



2

昨日、公開初日に、
映画「君の名は。」の新海誠監督、
最新作「天気の子」を観に行ってきた。

天と地

絶対に繋がらない

違いの象徴のようにも使われるこの二極が

美しい出会いを果たし

見事に1つに溶けていく

そんな美しい物語だった。

これからは、

極が1つになる時代。

1が基準点になる時代。

自信がないことは強みになる2

今回は前回の続編です。(前回の記事はこちら↓)

前回は、私の自信が全く持てなかった過去について書いてみました。

でもそこから無条件に自信感溢れる自分に変化した、

そのキーワードが”認識”なんですね。

認識=判断基準だと思ってください。

私の中に、これは◯、これは✖️という判断の基準があったんです。

私が自信がなかった大前提には、

まず自分に自信を持てないこと=✖︎

があったんです。

もっとみる

自信がないことは強みになる

自信がない自分を
否定してはいませんか?

もっと自分に自信をつけなければと、
思ってはいませんか?

私は過去めちゃめちゃそうでした。

自分に自信がないから

人前で緊張してしまうし、

自分に自信がないから

意見をはっきり言えないし、

自分に自信がないから

いつもやりたい事を諦めてしまう

そう思っていました。

だから、
自信がないことは自分の中ではダメだったし、
もちろんその判断基

もっとみる

自己主張すればするほど好かれるようになっちゃいました!

今日は、嫌われるのが怖くて自己主張が苦手だった私が、
自己主張をどんどんして愛されるようになった話を書いてみます♪

私はもともと、

相手がどう思っているのかを気にしすぎて、
自ら意思決定ができないのが悩みでした。

具体的に何に困っていたかと言うと、

まず、

「あなたはどう思う?」

とか

「あなたはどうしたいの?」

と言う質問がとにかく苦手。
なんと答えていいのかわからなくて、
平然

もっとみる

お金よりも信頼関係の時代。

高校時代の友人と話をしていた。

彼女と会うのは4ヶ月ぶりくらいだろうか。

久しぶりなのにいつもと何一つ変わらない空気感が心地良い。

彼女は言う。

「今の時代はもうお金じゃなくて、どれだけ信頼があるかよね。」 

と。

私もつくづくそう思っていたから、

久々に会う彼女の口からそんな言葉が漏れるとは思わず、

驚いてしまった。

私「なんでそんなこと思うようになったん??」

友人「だって

もっとみる

大きな夢と小さな夢

夢の大きさについて、

誰かと比べたことはありませんか?

世の中を変えたい、

もっと広く、世界を変えたいという夢を持つ人もいれば、

幸せな家庭を築きたいという夢を持つ人もいる。

私はどちらかというと前者が強かった。

もちろん家庭を持ちたいという気持ちもあるが。

だけど、前者について話すと、

共感してもらえることはあまりなく、

すごいね。頑張って。

と言われることの方が多い。

もっとみる

上下関係

小さい頃から敬語は嫌いだった。

なんで同じ人間なのに、

上と下をつくらないといけないんだろう。

先生にも、使ってたけど使いたくなかった。

(小4くらいからは先生が緩くてタメ口だったな。)

中学になって、部活で後輩ができた。

部内では先輩には敬語で話すのが決まりだったけど、

私はこっそり後輩に敬語を使わせなかった。

名前もニックネームで呼ばせた。

とにかく上下意識が嫌だった。

もっとみる

東京Youth リラーイズ!!!交流会を開催しました😊✨

先日、東京Youth Rerise協会主催の教育研修を受講したメンバーが、

協会員同士の交流会を企画してくれました!

ざっくばらんに、お互いが

「何故リライズ協会に賛同したのか?」
「どんな仕事や活動をしてるのか?」

などなどを話して、盛り上がりました。

途中からは、お決まりの新感覚コミニュケーションゲーム「ほめゲー」を活用して、さらに深くお互いを理解しあい、

今回の交流会の目的であっ

もっとみる