note書き始め

365日書き続けたブログを休んだ日

私は2018年9月12日からブログを毎日書き続けた。

きっかけは、樺沢紫苑さんのアウトプット大全を読んだのがきっかけだ。

ブログでアウトプットの練習をしよう。そんな気持ちから突然ブログをスタート。というのもブログ歴は長く、さまざまな媒体でブログを書き綴った経験があった。

過去のブログ達は閉鎖してしまったので、新たな気持ちでスタートをした。

一日、一日と書き続けていくうちに毎日更新が当たり前

もっとみる

note初心者、アカウントのハンドルで悩む。

はじめまして。えーちゃんといいます。

好きなものは食べることと旅をすること。

趣味はバスケの現地観戦と競技かるた。

日々の楽しみは位置ゲーで知り合った仲間とのオフ会。

そんなアラサーのお兄さんです。

このnoteは主に旅行の紀行文を上げる用途で使っていこうと思っています。

さて、少しIQ低めの自己紹介をしたところで。

皆さんSNSはどれくらいやっていますか?

わたしはTwitter

もっとみる

初めての挑戦

まず、noteを始める理由としては記録を残すということが1番の目的です。以前から日記もブログも続かない私…。このnoteだっていつまで続くことやらって感じですが、何事も挑戦してみることが大切だと思うのであまり気負いせずに頑張ります😆

飽き性で今まで何かを最後まで成し遂げたことがない自分ですが、唯一幼い頃からずっと好きなことがあります。それが猫です。猫と触れ合うことが大好きで、自分にとっての1番

もっとみる

1週間 noteをやってみて

1週間note続けてみて、思った事を書こうと思います。

1週間、毎日投稿をしてみました。
その方が1週間の結果がよくわかるかなーと思ったからです。

🖌初投稿ときっかけ 

始めよく分からず、つぶやきに投稿してしまいましたー💦

あとで、これは記事じゃないっと気付いて、その日中にアップしたかったので、
急いでテキストの方に、23:59分に投稿してます。ギリギリ(笑)

note始めました🐣

もっとみる

note始めました。

始めまして、たかひーと申します。
この度、noteを始めました。

今回が初めての記事なので、自己紹介、noteを始めようと思ったきっかけ、どんなことnoteを書いていくかについて書いていこうかと思います。

まず、「自己紹介」からしていきます。

私は、
・東京都A区在住(軽犯罪率が高いところです)
・23歳(95・96年代)
・社会人6年目、普通のサラリーマン(非IT系企業)
・某通信制大学(

もっとみる

noteを書き始めるにあたって思うこと

2019年の上半期もあと数日で終わる。

あんまり変わり映えのない毎日の中で、時々やってくるアウトプットしたくなる思いが募って、ちょこちょこ書き始めることに。

いろんな本を読んだり、どっかに行ったり、美味しいもん食べたりする時だけではなく、日々のふとした時々に現れる思いとか感情をアウトプットして、また何かの機会にインプットしてを繰り返して、思考の整理。

そんな中、一番のインパクトを与えてくれる

もっとみる

昨日noteを登録してこれどーやって使うんだろ…って思って何もせず笑笑 とりあえず朝が来たぁぁw これってどうやってみんなの目につくんだろう…誰が見てくれるんだろ笑笑 とりあえず謎のまま、初呟き♡

ポチッとTHANK YOU です♡良かったら仲良くしてくださいね!
2

3~20倍の執筆速度で『売れる』レポートの量産方法

もしあなたが、あなたの持っている価値あるスキルやノウハウを
noteやブログで執筆して収益をしたいと思っていても

『どのように筆を進めてよいかわからない…』

『いつもどこかで手が止まってしまう…』

と感じてしまい、なかなか商品提供に踏み切れない状況になっているのであればまずはこのnoteをお読みいただくことをオススメします。

最小の労力で伝える力を高め、無限に商品を作り出すことができるので

もっとみる

軸の正体

「軸のある人」とか「自分の軸を持て」とか言うけど、軸ってなんだと思いますか? 

軸が欲しかった過去

私は高校くらいの時から、自分の軸のなさを感じていた。軸が欲しくて、軸のある人に憧れさえ感じていた。

軸の正体がわからず、どうしたら軸ができるのか、本を読んだり軸がある人ってどんな人かな。と漠然と考えていた。

「自分の中の価値基準が明確」
「好き嫌いがはっきりしてる」
わからないなりの私

もっとみる

昔のことを思い出すってかなりの精神がいる。

思い出したくない過去を今更ながら振り返ってこのnoteに私は綴っている。

でも、もう振り返らないようにしたい。そんな時、友人に勧められてnoteを始めてみました。