見出し画像

幸せになりたいなら若いうちに結婚しろ、というのは本当か。

生涯未婚率が上がっている
と言われ続けております。
とはいえ、
多くの女性の結婚願望減っているわけではありません

きっとみんな
「いい人がいたら結婚したい」って思ってるんですよね。

だけど、この「いい人」ってどんな人でしょう?
ちょっと考えてみました。


結婚の優先順位


今って便利だから、一人暮らしも本当に快適です。
自分で自分を養えるくらいの甲斐性があるなら、
何も好きでもない男と結婚する必要はない
という気持ち、わかります。

だって、大抵の男と結婚したって、
結婚後も仕事を続けるわけでしょ。
家事の負担が増える分大変になるだけじゃない。

専業主婦させてくれるなら、結婚してもいいかな。

そんなところでしょうか。

今って、特に都会では、
ひとりでいても楽しい
ことたくさんありますし。
結婚の優先順位が下がってきているのも、
無理はありませんね。


選べるうちによい相手を選ぶ、ということ


「幸せな結婚のコツは、結婚相手を選べる若いうちに、
できるだけよい相手を選んで結婚
することだ」
とよく言われるけど、それには違和感があります。

そもそも「よい結婚相手」って何でしょう?

容姿が優れていること・・・ではありませんよね。
じゃあ、お金持ちであること?性格がいいこと?

それでは、お金を持っていて、
性格の良い人と結婚
しさえすれば、
人は絶対に幸せになれるのでしょうか?
答えは残念ながら、No,です。

まず、その結婚を幸せと感じられるかどうかには、
相手との「相性」があるからです。

ある人にとって素晴らしい人が、
別の人にとってもそうだとは限らないのが、
人と人との相性というもの。

毎日毎日一緒にいて、幸せを感じられるかどうかは、
そんなに簡単に図れることではないのです。

どんなにお金持ちでやさしくても、
まったく趣味が合わなかった
物事に対する感受性がことごとく違っていたら
会話をしていても虚しくなるのではないでしょうか。

また、私が
「若いうちに結婚相手を決めること」に否定的なのは
結婚生活において幸せを感じるのにも、
ある程度の経験値が必要だからです。

たとえどんな素晴らしい結婚相手であったとしても、
それを感じ取れる感受性
受け取る側に備わっていなければ
「もっと良い人がいたかもしれない。
早まったかもしれない」
と感じて、無いものねだりをし続けてしまうでしょう。

その相手が「素晴らしい人だ」と感じるのは、
自分自身が経験を積んだ結果、

今の自分だからこそわかること、なのです。

だからこそ、若いうちに慌てて
条件だけで結婚相手を選ぶようなことは
あまりお勧めしません。


満足と妥協

結局のところ、結婚生活で幸せを感じるためには
自分が満足できるかどうか
ということが一番肝心ということ。


ではどうしたら満足できるのでしょうか?

完璧な人なんてこの世にはいません。

どんな人と結婚しても、
ある程度の妥協は必要
だというのが、
二度結婚してみて実感として感じることです。

満足するということは、
「ここまでならOK」と言う場所を知る
ということです。

それができないと、嫌な面が目につくたびに
ダメ出しばかりを永遠に繰り返す
不毛な毎日が待っているのです。

それって、全然幸せじゃないですよね。


自分の許容範囲を決める


必要なのは、許容範囲を決めることです。

ここさえクリア出来ていれば、
あとの多少の欠点は目をつぶることができる、
と言う場所。


その男性は、社交的ではなく、
あなたの友人の評判はイマイチかもしれません。

それでも、たとえば
「ウチの旦那って、不愛想だけど、
家事はマメに手伝ってくれるのよね」
と思えれば、かなり幸せですよね。


二人の記念日などは何も覚えてないけど
友人との集まりでは
みんなを楽しませてくれる男性だったら。

「記念日に何かしたければ、
自分でセッティングすればいいし
彼と一緒だと本当に楽しいから文句ないわ」
と思えればいいのです。

「もっと愛想がよかったら」
「もっとマメにお祝いをしてくれたら」
無いものねだりを続けることこそが
不幸な結婚の第一歩なのです。


満足するために必要なこと


私たちは買い物する時にも
同じような取捨選択をしています。

これだけの機能が備わっているなら、
高くても満足だという人もいれば、

どんなに安くても
デザインがイマイチだと使う気がしないなど、
(私はこのタイプです(笑))

人によって満足できる判断材料も境界線も違います。

結婚も同じなのです。

満足するためには、
「自分にとって何が一番必要か」
が、はっきり分かっている必要があるのです。


例えばバッグを買う時。

もう絶対に
このブランドのこの柄のこの色のバッグが欲しい!など、

欲しいもののイメージが具体的に決まってる
ほど

手に入った時の満足度も高いし、
小さな欠点など気になりませんよね。

若い時には自分の好みが明確ではありません

いろいろ失敗したりして、
自分の好きなものや、求めるもの、譲れないもの
わかっていくのです。

恋愛で失敗することも、無駄ではないのです。


究極の結婚とは

究極に幸せな結婚とは、こういうこと。

「この人には代わりはいない」と心から思えるような
「かけがえのない相手」と結婚することだと思うのです。

「よい相手」とは、
自分にとって「かけがえのない相手」なのです。

勘違いしてはいけないのは、
「かけがえのない相手」だからと言って
不満が全くない相手ではないということ。

どんな相手と結婚するにも「妥協」は絶対に必要なのです。

現実には「かけがえのない相手」と出会える確率なんて
本当に低い

それならば、
「よい相手」とは「自分の中の許容範囲に収まる人」
と言い換えてもよいでしょう。


若くして結婚しても幸せになれる人


誤解しないでいただきたいのは、私はこの記事で
「若くして結婚すると不幸になる」
と言いたい訳ではありません。

若く結婚しても、幸せな結婚生活を送っている人は
もちろん大勢います。

それはどんな人かと言えば

1)若くても自分の価値観がしっかり確立されている人
2)物事にあまりこだわりのない人

この二つ、実は両極端です。

1)の人は、経験値が高く、こだわりも強い人。
若くても経験が豊富で、痛い目を見ている分、
相手に求めるハードルが低い人が多いのです。

自分の恋愛経験だけでなく、
両親の関係が影響している場合もあります。

不仲な両親を見て育った場合などは
父親の嫌なところのない人であればよい、
と考える人も多いでしょう。

こういう人は
「きちんと働いてくれればそれだけでいい」
「家庭を第一に考えてくれれば、出世なんてしなくてもいい」
など、相手に求める条件がはっきりしています。

これって、バツイチの人に限りなく近いかもしれません。


2)の人は、こだわりが強くなく、協調性がある人。
実は、「結婚」に向いているのは、こういうタイプの人です。

こだわりなく結婚しても、結婚後に絆が深まったり、
そもそも、すべてにこだわりが少なければ
大きな不満を抱くこともなく円満に過ごせるのです。

こういう人は、前の項で書いたような
「かけがえのない人」でなくても
うまく自分の中で折り合いをつけて、妥協して
幸せになれる人なのです。


こう書くと身も蓋もありませんが
結婚に不可欠なのは、
一に妥協、二に協調、三四がなくて五に愛情、
なのかもしれません。


他人と自分を比較するのは不幸の元


でも、行きついた最後に
「やっぱり最初の彼が良かった」
と思うような人は、

最初の彼と結婚していたとしても
「本当にこれで良かったのか」
と思う可能性が高いような気がします。

過去は美化しがちだし、隣の芝生は青いのです。

結婚に限らず、今の社会は
「幸せを感じにくくなっている」社会のようにも思います。

SNSなどで、容易に人と自分を比較できてしまうのは
不幸の元
です。

「若いうちに結婚する方が幸せ」というのは、
もうひとつの側面があります。

よく言われるのは、
年を取るほど自分の中で価値観が固まってしまい
譲れないものが増えて、人と一緒に暮らせなくなる
というもの。

それは、一度家庭に入ってしまえば、
ほかの男性や家庭を知ることも、比較することもなく
「結婚ってこんなもんだ」
と考えて暮らせた時代
の話ではないでしょうか。


今は、結婚しても仕事を続ける女性が多いため、
夫以外の男性と接する機会が増えれば、
ついつい我が夫と比べてしまうことに
なってしまいますよね。

そんなときに歯止めになるのが
自分の中に軸を持つこと。

自分の求めるものが何かがはっきりわかっている人は
無駄によその結婚生活を羨んだりはしないものなのです。


子供が絶対に欲しいから、早く結婚したいという人へ


いや
私は子供が絶対に欲しいから、早く結婚したい
という方も、いらっしゃることと思います。

ただ、残酷なことを言いますが
子供って絶対に出来ると言う訳ではありません

20代前半で結婚しても、子供ができない夫婦
いくらでもいます。


そのときに「子供の父親」としてだけ選んだ
気の合わない相手

ずっと一緒にいられますか?

やはり、
生涯ふたりきりでも楽しく一緒にいられる相手
との結婚をお勧めします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
35

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

コメント2件

「一に妥協、二に協調、三四がなくて五に愛情」
「生涯ふたりきりでも楽しく一緒にいられる相手」

ごもっともですね。

この人となら、
 ・妥協できる
 ・協力できる
 ・生涯二人で愛情を示し合える
という相手がいいですね☺️

子どもできても、巣立ってしまえば、
また二人に戻りますしね😉
Naonardoさま 共感してくださり、うれしいです。そうなんですよね。「子供を産むためだけに結婚」してしまうと、子供が巣立った後「会話がない夫婦」になり、最悪「熟年離婚」を迎えてしまうんでしょうね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。