36歳で離婚してイラストレーターになり、39歳で9歳年下の夫と結婚した日

なんだか、もやっとしたタイトルである。
ねじれていてわかりにくいが、でも今日は確かに、36歳で離婚してイラストレーターをしていた私が、39歳のときに9歳年下のオットと結婚した日から11年経った日、つまり結婚記念日。

このタイトルを見るだけで、私の人生が36歳を機に劇的に変わったということは想像できるのではなかろうか。
36歳で離婚は普通にあることとして、そこでイラストレーターになれたのはなぜ?なんで3年後に9歳年下のオットと再婚できたの?と不思議に思う方も多いだろう。

本日のお題は、#人生を変えた出会い なので、その私の人生が劇的に変わった出会いについて書きたいと思う。随分所帯じみた話になるけれど、その分「もしかしたら自分にもできるかも」と思う方が増えたらうれしい。

私の人生を変えたのは、町内会の役員!?

信じられないことだけれど、今から15年前の私はほぼ専業主婦だった。
千葉県にある田舎町で、町内会の役員で会計を担当して、300円の年会費を払いに来る人のために毎日家にいて、ちまちまお金の計算をしていた。
地味すぎる30代。
当時の私の写真を見ると、今のオットは必ず笑うのだが、賢明な彼は多くは語らず「人に歴史ありですね」と締めくくる。

あの頃の私に、数年後には自分の描いたイラストが、テレビ番組に登場したり、有名人の本に使われたり、本を出版してサイン会を開催するなんて日が来るとは、想像できるはずもなかった。

しかし、そのきっかけとなったのは、確かにあの町内会なのであった。町内会の前会長で、当時は理事をしておられたOさんは、大企業の重役まで上り詰めた知的な方。その方と何かのきっかけで、某大学の社会人講座の話になった。

ライター講座ってどんな講座?

「あなたはお子さんもいらっしゃらないし、向学心もおありになる様だから、大学でもう一回勉強するといいよ」
当時は私の人生で一番お金とヒマが有り余っていた頃。早速、某大学の社会人講座のカタログを取り寄せ、迷わずいくつかの講座を受け始めた。

そこで2年目に巡り合ったのが「ライター講座」。blogにはまっていた私は、文章力を身に付けたかったのだけど、その講座は文章力講座ではなかった。ではどんな講座かと言うと、出版企画を立てる講座なのだ。

本の企画を立てて企画書と構成案を書き、講座の最後の方には、実際に出版社の編集者に企画書を見せてプレゼンするのだ。その講座は何年か続き、企画が通って書籍化された人も何人かいる。私はと言えば、実は企画が通った第一号だったのだが、結果的にポシャってしまった。

たった半年で変わった運命

3か月の講座を2回受けて、結果的に、そこで私の本は出ることはなかったけれど、その講座では多くのものを身に着けたと思う。何よりイラストの仕事をいただけるようになったのが、一番の収穫だった。

そしてその半年で私は目覚めてしまったのだ。その結果、ついには離婚して、イラストスクールに通い、イラストレーターとしての舵を切ることになる。

それだけでなく、ライター講座の講師が主催するパーティーで知り合ったTくんに誘われた飲み会で、今のオットと知り合った。再婚相手との出会いまでライター講座がらみってところが我ながら笑ってしまう。

ライター講座を受けて10年後に私はようやく一冊の本を出した。しかし、それはずっと出したかった企画とは全く違うテーマで、再婚したオットの闘病記だった。昨日書いた「10年続けることで別の世界が見えることもある」というのはこういうこと。

意外なところから道は開かれる

そして今、悲願であった、ライター講座当時にポシャった企画に限りなく近い本を執筆している。それは町内会の役員があまりに辛くて、blogに書いていたものがベースだ。(町内会の愚痴と言うわけではありませぬ)

オットの闘病記が出る頃には、ライター講座当時の企画を本にすることは、すっかりあきらめたのに、また今そのチャンスが巡ってきている。あきらめた頃に、どこからか願いはかなうようにできているものなのかもしれない。

始まりはライター講座。そして、そのきっかけは、やっぱり町内会だったのだ。辛くても頑張っていると、何となく見ていてくれる人がいるものなのだ、と今は思う。

人生何かどう転がるかなんて本当にわからない。やりたいことと全然違うことでも、とりあえず頑張ってみると、いいことがあるのかもしれないよ?




この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。頂いたご支援は、作家活動を続けるため大切に使わせていただきます。

ウレシイです♡
32

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

コメント7件

羊は草が好き!さま コメントありがとうございます!そうそう、人に歴史あり、です(笑)今こう読み返してみても、まるで自分のことではないみたいで、隔世の感があります。それくらい人って変化できるものなんですね~。ひとまずは目の前のことを、です。
ひよ子さま!ありがとうございます。目の前のことをしつつ、変化準備致します。変化後、自分のnoteも変化致します。着実に行なっていこうっと!
羊は草が好き!さま ですです。焦らず、着実に行きましょう~~
はい!ありがとうございます。😌
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。