見出し画像

百物語77話目「ムー案件」(実話怪談)

先日も、パルコのムー展に行って、三上編集長と写真を撮ってもらった話をしましたが、

話の本編は全然ムー関係ではありませんでした。ムームー詐欺。

しかし、今回はムーネタです。

私の妹の話です。

結婚するまで、妹は大分は日田の実家にいて、私は福岡で就職してました。

ある日、里帰りすると、妹が首にギプスを巻いています。

「ど、どうしたの?」

首や肩に激痛が走っていて、原因不明だとか。

しかも、妹、

「ずっと誰かがしゃべっている声がする」

と言うではありませんか!

やばいやつだ。

しかし、ここでオカルトだと騒いでは、実家でひんしゅくをかいますので、私はおとなしくしていました。

だって、私のオカルト趣味は実家ではよく思われていない。妊娠中に熱心に永久保先生の四谷怪談読んでいたときもチョー嫌がられた。でも、お母さんがウキウキしたたから、とっても胎教に良かったよ!

とりあえず、それとなく妹に質問。

「いつから、そうなったの?」

「友達が家を探していて、その物件を見たときから」

(その家が原因やないとや!!)

と心で叫ぶ姉。

そして、たぶん、偶然だとは思うのですが、その月に発売されたムーの読者投稿恐怖体験談に、なんと実家日田の幽霊物件の話が掲載されていたんですよ。

こんなタイムリーなことあるやろうか……。

でも、余計な心配をさせたくなくて、ムーのことは黙っていました。いまだに知りません。

その後、よくなったみたい! よかった!

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりに買ってくれると喜ぶよ。私の書いた怪談物語です!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしー!
16
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。