見出し画像

百物語93話目「獅子頭くんの好み」(実話怪談)

今まで、二度にわたって話題に出てきた行きつけのバー。

ここにも不思議なものがある。

それが獅子頭くん!!

これが平常時ね。

でも人感知センサーがあって、感知すると冒頭のようにガオーーと吠えて、目が光る。

ところが、これには不思議な片寄りがあるのよ。

まず、獅子頭くんは綺麗な女の人好き。

とあるアーティストの作品なんだけど、ギャラリーにいたときは、そこのオーナーが素敵マダムで、会場に彼女がくるたびにガオ――――!!

誰よりも先に気づいてガオ――――!!

綺麗な女性のお客がくると、ガオ――――!!

一方、嫌いな人もいて、とあるお兄さんが来てもシーン。

一応、口の中に手を入れると反応する設計なんだけど、入れてもシーン。

なのに、みんなで話していると、ちゃんとオチがあるところで、ガオ――って笑い吠えをする。

獅子頭くんには笑いのツボがある!

獅子頭くん、まだバーの守り神か常連客のようにしているから、福岡にきたら見にいってあげて。井尻駅徒歩3分よ!

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりに買ってくれると喜ぶよ。私の書いた怪談物語です!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

DMMTELLERさんでは公式作家でもあるのですが、その新作も出てます。

こちらもよろしく!

全話公開されてますが2話はコチラ!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありあり~!
12
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。