四季折々の俳句 27




「 ちいさき春 」

子どもらのあかるき声が春を呼ぶ

たびの空春へつづきてはるかさよ

鶴舞つて空うつくしくなりにけり

落ちるなよ赤いちりんの寒つばき

さい果てに海鳴りやまぬ雪見かな

雪いつか雨にかはりてはかなさよ

生きてゆくからだはたけば冬の塵

なかなかにとけぬ空家の根雪かな

ひとり寝のあかりをけして冬終る

舞ひ落ちてことごとく花ぼたん雪

灯ひとつともしてねむる吹雪の夜

煎りあげしせつぶん豆の黄金いろ

よろこびをもうひとつぶや福の豆

立春ときつぱり告げしこよみかな

顔あげて今日より春のひざしかな

早梅のおもひあまつてひらきけり

人といふちひさき春のゆく野かな

いちりんの梅匂ひたつ日なたかな

白魚のいのちの透けてゐたりけり

歌好きもしばし黙つてうぐひす餅

日本が目をさましゆく春あかつき

ひととして見あげてゐたり凧の空

恋猫のしあはせさうにうたふ夜や

目ひらきてふるさとおもふ春の闇

真紅とはいのちのいろか牡丹の芽

情熱のあかくふきだす薔薇の芽よ

吹くひとのこころのかたち石鹸玉

やどかりやみなみの島の海は瑠璃

野のかぜにふかれてだれも春の草

どこまでも行ける自転車春のかぜ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今後の句集制作に役立てます。

35

四季折々の俳句

四季折々の俳句です。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

シャボン玉の句、好きです〜❣️
悠凜さん、
ありがとうございます!

一足早く、春の句になりました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。