現代語俳句への旅 6

「 夜もにぎやか 」
~現代語俳句集~

夜ぞらには星飾りつけたなばた竹

にぎわってしずかなひと夜七夕竹

たましいがいとおしいひと夕涼み

たびびとにひろがる地球半ズボン

おおぞらをしずめる嶺よ蝉しぐれ

神鳴りと書いてますます恐ろしく

音がない地球に一人キャンプの火

かたりあうあの日この日よ時計草

手を打ってあるきあるくよ蚊一匹

うなぎ屋でとおす最後の最期まで



ふるさとがつ

もっとみる

自由律句集「夏秋」

冷酒でいい冷酒がいい

俳句の余情を
意識して編んだ作品集です。

◇収録句より
手花火よせあった恋
行こう海の日だ
胡蝶蘭が飛んでいきそうな花屋

自由律句集「夏秋」 ライブラリー5
Kusabue著
https://note.mu/kusabue/n/ndd92561a1979

現代語俳句への旅 4

「 五月富士 」
~現代語俳句集~

母という素朴なひとよ五月富士

寝ころんで宇宙に一人夏座敷

人生をとおく泳いできたことよ

さいげつのいよいよしずか青すだれ

ものおとの絶えたふるさと雲の峰

鮎のぼる川のこれまでこれからよ

わらうこえ富士へひびくよ夕涼み



さいげつのはるかさに滝とどろくか

ぼうぜんとながめて誰も梅雨に入る

厳島しずかに夏の霧のなか

ところてん皿一杯の大自然

もっとみる

【亜久津歩→俳句】榮猿丸句集『点滅』の話をさせて

少し前、「歌集と句集を一冊ずつ、枕元の抽斗に入れ眠っている」と出てくる詩を書いた。その句集・榮猿丸『点滅』(ふらんす堂)について今日は話したい。『点滅』の好きなところを書き出したら小指の脇が黒くなった。どこから始めてよいかわからないが、いくつかのフックから取り掛かってみよう。

▶︎声に出して読みたいシリーズ

みのはちのすせんまいぎあら春愁
マタイマルコルカヨハネユダ黍嵐
ゴダール黒縁眼鏡ク

もっとみる

現代語句集「静かな地球」 ライブラリー 7

句集「 静かな地球 」

句集「 静かな地球 」
2019年4月 note版刊行

2018年 夏 ~2019年 春に詠んだ
俳句をまとめた句集です。

全175句

電子版定価 300円

note保存版以外に
bccks版もあります

句集「静かな地球」
bccks版:フリー
https://bccks.jp/bcck/159141/info

以下、note保存版です

もっとみる

中原道夫『彷徨』を読んだ

中原道夫『彷徨』ふらんす堂、2019を読んだ。ちなみに彷徨と書いて『うろつく』と読む。ちょっとダラッとした感じがあって楽しい。

俳人の中原道夫はよく旅をするのだが、今回の本に載せた俳句は海外(インド、モロッコ、ニューヨークなど)を旅行している時に作った俳句からできている。本の帯では「約五十年間で地球を五周くらい旅をしたのではないかと思う」と書いてあることからもわかるように筋金入りの海外である。旅

もっとみる

四季折々の俳句 56

「 令和へと 」

てっぺんに富士あるそらよ正月凧

たび立つ子さくら前線追いかけて

舞いふぶくさくらもひとも平成も

みなゆめのまっただなかに花吹雪

くにじゅうの桜ふぶいて令和へと

見ては去るひとも花びら大ざくら

村までがにぎわうときぞ花ふぶき

この胸に咲くまで花見たのしむよ

このひとも桜だったかふぶくなか



射してくる日のひかりごと耕すか

仕事してうたた寝もして永い日よ

もっとみる

自由律句集「冬春」 ライブラリー 6

自由律句集「 冬春 」

自由律句集「 冬春 ~とうしゅん~ 」
2019年4月 note版刊行

2018年 冬~2019年 春に詠んだ
自由律俳句をまとめた句集です。

全300句

電子版定価 250円

note保存版以外に
bccks版もあります

自由律句集「冬春」
bccks版:フリー
https://bccks.jp/bcck/158941/info

以下、note保存版です

もっとみる

麦笛のしごと 2019 4月上旬

「 平和でしかない 」
~自由律俳句集~

欲がないひと春雲みあげている

お人好しについてくる春の鳩だ

あなたが咲いている菫

空になりたい雲雀か

遠くからながめるだけでいい春祭

百までは生きられないしゃぼん玉吹く

あかるいほうへあるけば春だ

吹き過ぎてゆく風の三月

あの人が春月へのぼっていった坂



人々がきらめいている四月

羽ある鳥は巣立ちのころだ

見おくって春星になっ

もっとみる

『柿本多映俳句集成』(深夜叢書社)刊行のおしらせ

俳人・柿本多映さんの既刊6句集と拾遺などを収録した『柿本多映俳句集成』が出来上がりました。

*【4/1追記】『柿本多映俳句集成』につきまして、初回の書店向け納品分すべて栞のはさみ込み漏れがありました。すでに書店に栞は届いており、現在販売されているものには栞が挟んであると思いますが、万が一栞が入っていなかったという方がいらっしゃいましたら、お送りいたしますのでお手数ですが佐藤までご連絡ください。→

もっとみる