フィンランド留学記#5 英語以外のコミュニケーション手段をもつ

オウル大学には、授業外にとることのできるスポーツのコースや、学生が自主的に集まって行っているサークル活動のようなものがあった。

日本人の留学生仲間のFくんも、オウルでスポーツをしていた1人だった。高校、大学とバスケをずっと続けてきた彼は、留学生を中心に開催されていた、バスケをする集まりに毎週のように参加していた。

あるとき、彼が「本当にこれまでバスケをやってきてよかった」と話してくれたことが印象に残っている。高校からバスケを一生懸命続けてきた彼の実力は、他国の留学生からも一目おかれているのだという。

留学を始めたばかりの頃、英語が思うように使えないと、突然自分の能力がなくなってしまったかのように感じる。日本語なら簡単にできるのに、相手の言っていることがわからない、自分の言いたいことが伝わらない。友達がなかなかできず、自信も自尊心も削がれていく。そんな中、彼はバスケで他の留学生とコミュニケーションをとることができたことによって、同じ趣味をもつ友達ができ、「自分はできる」と自信も取り戻すことができた。

英語以外のコミュニケーション手段を持っていることは、異国の地で自分を助けてくれる。それはこれまでも得意だったことでもいいし、新しく始めることでもいい。

わたしにとってそれはダンスだった。中高はバトントワリング、大学でジャズダンスをしていたわたしは、留学中にひょんなことから、それまでやったことのないサルサを始めた。そのおかげで出来た友達もいる。

なにより、サルサを踊っている間は英語を話さなくていいことが、とにかく楽で幸せだった。英語というフィルターを通さずに、自分が、自分の得意なことで評価されることが快適だった。先生が新しい技をみんなに教えるときに、前で手本をするように言われたときは、本当に嬉しかった。

何もかもが新しい世界に飛び込むときに、変わらず、自分らしく取り組めることが何か1つでもあると、きっと自分を守ってくれる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートで、本を買います。

kiitos! 励みになります。ありがとうございます。
27

miyukicho

フィンランド留学記

フィンランドはオウル大学に留学していたときを思い起こして書く
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。