藤本智士(Re:S)

編集者。1974年兵庫県在住。『Re:S』『のんびり』編集長。著書に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』共にリトルモア、『魔法をかける編集』インプレス。『ニッポンの嵐』『るろうにほん 熊本へ』など手掛けた書籍多数。

日田すら日田あんない

不思議な縁

 今月の頭、観光協会のみなさんにお呼びいただいて丸二日間、大分県の日田市を巡らせてもらった。日田にちょっとしたご縁がある僕は、昨年末に講演依頼をいただいて即決、今回の日田入りとなった。

 実は日田市に初めて訪れたのは21年前の新婚旅行。新婚旅行に日田って、我ながら渋すぎるけど、当時はとにかくお金がなくて、連日ユースホステルに泊まりながら(いまどきのゲストハウスとはまったく違う)、関

もっとみる

お客様は神様だからこそ。

つ、つ、ついに店に入れたぞーーー!
いったい何人に薦められたかわからない、札幌市の夜パフェの名店。
前回(3月)に札幌に来た際も、アイス売り切れ撃沈だったし、
とにかく過去3度チャレンジしたけど全部ダメ。

そして今回はもう何時間でも待つ! と心に決め、
誘惑に溢れるせっかくの札幌の夜をここに捧げた。

その店の名は『PEOPLE PEAPE(ぴーぷる・ぴーぷ)』

なんと19時オープンのこのお店

もっとみる

『ヒラク、この日いないってよ』イベントレポート その3(ラスト)

・任せるところ、自分でやるところ、その明快さ。
・ヒラクはどうしていい写真が撮れるのか?
・発酵をブームではなくムーブメントに。

 そんな話題でさらに盛り上がりをみせたトークレポート「その2」。いよいよ今回がラストになります。最後の最後には、堀口さんが『日本発酵紀行』の装釘に仕掛けたある秘密も。どうぞ最後までお楽しみくださいー。

竹内 こうやって大変ななかで本を作ってますけど、「本を作る」って

もっとみる

『ヒラク、この日いないってよ』イベントレポート その2

・デザインのベースはキキララだった?
・紙業界がざわついた堀口さんの紙選び
・編集者が試されるヒラクの思慮深さ

 といった話題で盛り上がったイベントレポート「その1」でしたが、今回は展示や書籍に使われた写真の話から、さらに小倉ヒラクのスタンスとクリエイティブチームのせめぎ合いの部分に深く踏み込んでいきます。しかしこのイベント、いろいろぶっちゃけすぎてますね。なんかまとめながら、汗かいてきた。

もっとみる

『ヒラク、この日いないってよ』イベントレポート その1

どうもこんにちは。
今回はいつもと趣向を変えて、
先日開催した、あるイベントの模様をお届けしたいと思います。

「ヒラク、この日いないってよ」と題されたそのイベントは、
現在、渋谷ヒカリエ8Fにあるd47ミュージアムで開催中の展覧会
『FermentationTourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅』
その関連イベントとして開催したものです。

本展キュレーターの小倉ヒラク海外出

もっとみる

忘れる天才

僕は自分のことを自分で「忘れる天才」だと言っている。

 これまでにどこかへ置いてきてしまった傘の数は、裕福な家の子供の「クーピーペンシル」くらいありそうだし。財布や名刺入れやらを忘れる度に、何度ご先祖様に祈りを捧げたかしれない。そのお陰か、大事なものは大抵戻ってくるので、また調子に乗って忘れちゃいけないものを忘れて奥さんに怒られる。また出張中は、なんでもかんでも店に置いてくるから、その度にお店に

もっとみる