り すなお もい

12
ノート

岡崎体育 さいたまスーパーアリーナ で感じたこと。

言葉に出していれば夢は叶う。
それを体現した一人のミュージシャンの姿を焼き付けてきた。
岡崎体育 ワンマンライブ さいたまスーパーアリーナ。
最高だった。

僕は自著『魔法をかける編集』に書いているように、本や雑誌の編集に留まらない、もっと広義な意味での編集者として日々活動している。つまり僕が編集するものは、イベントだったり、空間だったり、商品だったりと、常に変化する。それゆえ最終的なイメージを、

もっとみる

FermentationTourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅〜

4月26日(金)から、いよいよ

Fermentation Tourism Nippon
〜発酵から再発見する日本の旅〜

がはじまる。

会場は渋谷ヒカリエにある『d47 MUSEUM』

 キュレーターの小倉ヒラク自身が、日本全国の発酵文化から、日本の食文化の地層を紐解いていく壮大な展覧会だ。そのクリエイティブディレクターというなんだか大変な役割を、神戸で飲んでるときに、ヒラクが突然ふわっと依

もっとみる

&bottleという表明。

淀屋橋から京阪電車に揺られて古川橋へ。橋から橋へ移動するのが鉄道ってなんだか面白いな。なんて、いままで考えたことがなかった思いつきに自分で感心してみる。自宅や事務所からそこそこ距離のある古川橋駅が、すっかり見慣れた景色になったのは、ここにタイガー魔法瓶の本社があるからだ。そろそろ年度末、『&bottle』発売から半年の振り返りと、来年の展開を考えるべく、その日も僕はタイガーさんに向かっていた。

もっとみる

iPhone壊れてありがとう。

iPhoneが熱中症で昇天してからアップルストアの修理予約日まで約一週間。昨日ようやくiPhoneが復活した(ていうか新品交換完了)。

この際、スマホなし生活はじめたろかなと一瞬思ったけど、全然無理。完全に依存してる。iPhoneが使えないことへの不安は、見事なもんで日を追うごとになくなっていくものの、その一方でiPhoneが使えないことの不便さは増すばかり。

iPhoneケースに交通系ICカ

もっとみる

ほんとうの優しさって?

今回の地震(というにはまだ早いけれど)で感じたことをツイートしようと思ったけど、意図せず誰かを傷付けちゃうとあれなんで、とりあえずnoteに書きとめておこう。

ほんと、いろんな人を敵に回すようなことを言うけど、FBメッセンジャーやツイッターのメンションや、さらに携帯のメッセージなどで、反射的に知り合いの無事を確認するのは、家族や恋人だけでよくないかなあ? その前にSNSのアカウントみて無事を確認

もっとみる

「移住」ってそれ「引越し」だから。

新年一発目のエントリーらしく、今年の誓いを一つ。

もう、「引越し」を「移住」って言わない。

マンモスじゃあるまいし。

昨年、半年で62箇所も地方をまわった僕は、移住定住って言葉に対する違和感がハンパない。地方の暮らしはそんな役所的な言葉のもとにはない。移住のリアルは「どこに誰が引っ越して来た」っていうシンプルな話。

それでも移住定住施策を進めたいなら、

アート移住センターか
アリさんマー

もっとみる

08.展覧会で写真撮影OKにする理由

とにもかくにもいまの世の中はおおらかさが足りない。タレントさんが線路入って写真撮ったくらいで記者会見までして謝らなあかんとか、完全にどうかしてる。って、いやいやいや、わかってる! わかってるから。それをSNSでアップしたのがあかんのでしょ。あとタレントさんっていう公の立場の人だったってのもあかんのでしょ。そういう感じのも全部わかってるから。そんなん全部わかった上で、というか、わかってるからこそ、そ

もっとみる

07.若いうちに高い買物した方がいい理由

僕が、この人素敵だなあ、かっこいいなあ、って思う人に共通しているのはただ一つで、それはファッションでも容姿でもなければ、話し方や性格でもない。それはズバリ【美意識】の有無。

 これは、世間で一流と言われる人すべてが持ちあわせているものでもなくて、意外にも旅の途中にふと出会ったおじさんが急に小脇に【美意識】携えてたりするから、出会い頭に卒倒しそうになったりもする。まあ、それこそが旅の醍醐味なんだけ

もっとみる

05.イベント企画で大切なこと5ケ条

出版記念イベントが気づけば30箇所を超えるなか、各地で定員超えが相次いでいて本当にありがたい。けれど、ハッキリと言っておかなきゃいけないのは、これは決して僕に集客力があるわけじゃない。ってこと。

 各地で40名、50名という定員枠がどんどん埋まっていくのは、ひとえに各地の企画者のみなさんの情熱のおかげで、でもこれって実際、とても難しいこと。テレビに出てるタレントさんじゃあるまいし、僕みたいなおじ

もっとみる

03.移住定住、上から見るか? 横から見るか?

人口減少少子高齢化のトップを走る秋田県に限らず、日本中の地方が、まるで募金を呼びかける子どもたちのように、移住定住! いじゅうていじゅう! イジューテージューお願いしまーす! と声を上げているけれど、いいもわるいもダウンシフトな時代のなかで、みんながおんなじことを叫ぶことに対する違和感に、当事者のみなさんは、そろそろ気づいた方がいい。

 そんな各地方の役所の、特に人口問題対策課のみなさんにオスス

もっとみる