見出し画像

【長編】「空の玉座」を守り続けるPSG、崩壊寸前(後編)

(この記事は後編です。いきなり目次から始めやがって話が見えんわ!という方は、大変恐縮ですが手を滑らせてフォローを踏んでから前編をご覧になってくださいませ。)

①PSG、致命的な先見の無さ

パリサンジェルマンの「プロジェクト」とやらが完璧だとしよう

ネイマールとムバッペは中核に据える投資だったと考えるべきだろう。特に前者は広告塔として絶大な効果も発揮するし、何より移籍当時は前編で触れたように絶頂期だった。だとすれば、17年に獲得した時点で中長期計画が練られていないとおかしい。年間予算が実質無限とはいえ、世間的な目からすれば1人に200億以上払う投資は目に付く。ここぞと気合を入れた投資だったはずだ。

PSGがCL「優勝」を掲げる以上、資金に物言わせて投資に回すべきはライバルチームの弱体化と自チームの強化、および直近3年以内でCLベスト8以上。この辺が現実になれば、ファンはチームの可能性に希望が持てる。しかし、そうはならなかった。

バルセロナからネイマールを引き抜いて、弱体化が進んだかと言われると部分的には成功だろう。「ネイマール・ロス」が発生し、デンベレとコウチーニョを100億近くずつかけて手に入れたりして右往左往し、適応まで時間がかかっていた。しかしそこまで。2シーズン連続でローマとリバプールに大逆転劇を演出されたのは確かに衝撃だったが、PSGにいたっては3シーズン連続ベスト16敗退。存在は歯牙にもかかっていない。結局自チームの強化にも繋がっていないことになる。

そんなことを2年も続けている間に、前編の通りムバッペは急成長。彼自身の実力とフランスリーグのレベルを照らし合わせれば、プレーする先がPSGである必要性は無くなっている。むしろバロンドールを視野に入れるならばフランスから出る方が現実的だ。現行契約期間の2022年まで待ってもまだ23才だが、経歴がそこまで待ってくれない。W杯を獲った年間最優秀選手を一体どこが放っておくのだろう。

万が一、彼の成長ぶりを予見できていなかったというならば、論外の領域である。私個人の記録になって申し訳ないが、日本に住んでいるただの男性(25、独身)でさえ、真剣にデータを取って考察して06年から4大会連続でW杯優勝国を当てられている。その道を極めたプロが集結し、大量のフィジカルデータとマッチデータがあるクラブであれば、大会後ムバッペの市場価値がハネ上がる「かもしれない」予見はあってしかるべきだろう。それを良しとしているのであればムバッペの獲得はあくまで「仕入れ」で、売ることが前提ということになる(とすれば、この時点でプロジェクトとやらは頓挫しているのだが)。

②「ネイマールを売る」という選択ができない

精神的に成熟していないと言われて久しいネイマールが、ここにきてファンを殴ったりインタビューでPSGをないがしろにするなど問題行動ばかり目立っている。正直ロシアW杯後はタガが外れっぱなしである。たとえ能力が保証されていても、チームの秩序を乱しかねない選手を引き取ることは難しい。金額提示に当たって気になる契約解除金については2018年に担当弁護士であるマルコス・モッタ氏が『ラジオ・グローボ』で、フランス国内の場合契約解除金を設定することができないとの理由も併せて、条項の存在自体を否定している。その一方で、現状唯一交渉しているとされるバルセロナに対しPSGは「最低」3億ユーロ(約360億円)持ってこいという条件を叩きつける訳のわからなさである。

もう17年に払った契約解除金と彼に払い続けた年俸を回収できるかどうかなんて次元で考えるべきではない。バルセロナが前向きだった頃に売るべきだったのだ。

だが、もうバルセロナも払えないだろう。グリーズマンとデヨングに2億ユーロ使ってしまった。メッシをはじめとする年俸トップレベルの選手たちにかける維持費もばかにならない。一方でレアル移籍の噂もあったが、こちらもアザールに1億ユーロ使っている上、ベイルの問題が宙ぶらりんのままだ。噂になっているリーガ2大クラブはネイマールに構っていられない状況である。

仮に買い手が見つかったとしよう。カタール・スポーツ・インベストメントがそう簡単には許さないだろう。「こちらで出資し世界最高額で購入した選手が、怪我と問題行動多数となったため、獲得からわずか2年で放出した」などというメンツに関わる移籍に、ハイそうですかとは言えない。

そしてネイマール自身にも問題があるとすれば、カバーニの次はムバッペと玉座を争う状況が避けられなくなっている。だがムバッペは年齢的にも実力的にもPSGにとどまる必要がない。何にも追い詰められていない上PSGでの立場など去ってしまえば何の意味もない。バルセロナに戻りたいと言い続けているネイマールも気付き始めている。ムバッペが出て行けば、自分の希望も叶えられないまま、意味もなくPSGに残ることになる。

もはやそこに王などおらず、今彼は空の玉座を1人でにらんでいるのだ。もはや誰のメリットにもなっていない。

③中途半端な補強と終わらない人員整理

今夏の補強で、大きめに報道されたのは3名。アンデル・エレーラ(マンU)、パブロ・サラビア(セビージャ)、アブドゥ・ディアロ(ドルトムント)である。ディアロに関してはブンデスリーガで出場試合数も申し分なく、ムバッペと同じモナコの下部組織出身である優良物件だ。リーグ1でも実力を十分発揮できるだろう。ただ悪いように言いたくはないが、・・・全体的に地味だ。いいように捉えれば、必要なところに必要なだけ投資を行ったということなのだろうが、あからさまにFFPに抵触しそうな違金額を動かした反動による監視で身動きが取れなかったとも言える。

ここで金銭面の問題だけに注目しても、月平均1億円の超高額サラリーを必要とする選手を抱えておきながらスポンサーからの金回りでは計算上足りない。カタール観光局がなければ詰んでいるだろう。そうなれば今のところネイマールはデメリットにしかならない。だが人員整理をしないわけにもいかず、獲得は少なくとも行う。これでは代謝のできない体と同じである。毒素や熱を適度に放出しないと肉体は保たない。だがそうしたくてもできない。どこのクラブでも買い物ができても、金銭感覚が違いすぎてどこのクラブにも売ることができない。

目的が「欧州を獲る」ことであれば優先順位を考えなければ、新鮮な組織ができあがっても、こうやって毒が回り死んでいく。

まとめ

ムバッペは成長し、ネイマールは問題を抱えすぎた。チームの健全化のためにはムバッペを保有しネイマールを放出する選択が妥当である。

だが、ネイマールに買い手がいない、QSIメンツの弊害、ムバッペの市場価値暴騰などの要因が邪魔をして適切に人員整理が進まない。FFP違反の件も片付かず、内部で毒素が溜まっている状態であり、極めて危険な状況にある。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

超サッカーバカ。神戸大学経済学部卒国際教育・自然教育NPO所属の戦術批評家(関係無え)。初心者からガチ向けまでつらつらと書きます。ツイッターからはあらゆる内容発信してます。基本長文で中身がっつりになります。※無断転載、スクショはお控えください。

ありがとうございます!
7

RioSam / サッカーライター

だんご三兄弟の一番上。次男は白川郷で料理人。三男は愛媛で全寮制。なかよし。|▶️二度見するネタからマニアな話まで(戦術解析、プレー解説、注目選手紹介、インフォグラフィック作成)|▶️兼業からプロへ|▶️フットボリスタラボ15期生|riosamno10@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。