起き上がるチカラ

「倒して勝つ」

彼らは強い口調でこう言った。

僕は過去に2度ほどタイトル防衛戦を前にしたボクシング日本王者を取材したことがある。

角海老宝石ボクシングジムの大橋健典選手と、ワタナボクシングジム所属の久我勇作選手だ。

彼らの特徴は、2人とも、ハードパンチャーであるということ。踏み込みが早く、一発で倒せるパンチを持った魅力的なボクサーだ。

そして奇しくも、彼らは、同じ言葉を使った。

ただ「勝つ」のではなく、「倒して勝つ」という言葉。彼らからは、王者としての立場を守るのではなく、倒して次へ、倒して世界へという前向きなパワーを感じた。力強くKO勝ちを宣言する姿に頼もしさを感じていた。

だが、結果はTKO負け。

2人ともだ。

多くのファンと同様に、リングサイドのカメラマン席から、「一発当たれば」と形勢逆転を期待していたが、その願いは最後まで叶わなかった。距離を制され、的確なパンチを被弾し続けて、心と身体を削り取られていってしまった結果は、偶然か、それとも必然か。

再起の拠り所となるモノ

そんな非情で厳しい世界に身を置く彼らだが、一度負けたくらいで挫けてしまうほど、ヤワな男ではない。引退するには若すぎる彼らは、少し休んで、再び再起へ動き出した。


再起するボクサーを見るたびにいつも思う。

地位や名誉を失い、顔や身体を破壊され、プライドを切り裂かれても、再び立ち上がることができるのは、なぜだろうか。

そんなことを考えていた時に、ふと思いだしたことがある。

「俺のパンチが当たれば、誰でも倒せる」

確か、彼らは取材中、そんなことを言っていなかったか。彼らは、相手がたとえ、モンスターと言われるあの井上尚弥選手だろうとも、同じことを言うはずだ。

あるアスリートは「夢を語るのも、目標に向かって努力するのも、最後は自分次第」と言っていた。周囲の応援が力になるのは間違いないが、最終的には、「倒せるはず」「勝てるはず」という自分を信じる力が自らを奮い立たせるのだろう。

彼らは、ハードパンチャーであるがゆえに破れ、ハードパンチャーであるが故に、再び起き上がった。つまり、自分の武器に絶対の自信を持っていることが彼らの再起への拠り所なのだ。

彼らの生き様は、大きな武器を身につけることの重要性を僕たちに教えてくれている気がしてならない。

#ボクシング #プロボクサー #アスリート #武器 #拠り所 #ハードパンチャー #日本王者 #大橋健典 #久我勇作 #再起 #七転び八起き #執筆 #記者 #ライター #編集者 #スポーツ #アスリート

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

瀬川泰祐の記事を気にかけていただき、どうもありがとうございます。いただいたサポートは、今後の取材や執筆に活用させていただき、さらによい記事を生み出していけたらと思います。

いつも「スキ」をありがとうございます。
27

瀬川 泰祐

ライター。東洋経済オンラインやITメディアビジネスオンライン、OCEANS、キングギアなどで執筆中。スポーツ・アスリート交流会も主催する。最近の取材テーマは「Beyond Sports」。スポーツと社会の接点からスポーツの価値を探っている。

美しきアスリートたちの人生模様

東洋経済オンラインやOCEANS、AlpenGroupMagazine、キングギア などの媒体に寄稿しているスポーツライター、瀬川泰祐が取材活動や、日々の執筆活動の中で感じたアスリートたちの人生
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。