北関東の石造物⑭:善導寺宝篋印塔(榊原康政の墓)

名称:善導寺宝篋印塔

伝承など:榊原康政の墓

所在地:群馬県館林市楠町 善導寺


徳川四天王の一人して知られる榊原康政は、徳川家康が関東に入部した際に上野の館林城主となった。

以来康政は生涯館林の領主であったが、その康政が菩提寺にしたのが善導寺で、境内には康政の墓と言う大型の宝篋印塔がある。

江戸時代に入ると宝篋印塔は相輪が巨大化して塔身が長くなり、笠の隅飾りは大きく外に開くようになるが、康政の墓もそうした近世初期の宝篋印塔の特徴をよく備えている。

善導寺はかつて館林駅前にあったが、現在は館林城の東方に移っており、その移動の際には墓塔の調査が行われ、宝篋印塔が康政の墓であることが確定された。

なお、墓所には康政の他にも、夫人や康政の長子で大須賀家に養子に行った大須賀忠政、次子で館林藩二代藩主となった榊原康勝の墓もある(三枚目、五輪塔が忠政、康勝の墓)。


#群馬 #館林 #善導寺 #榊原康政 #宝篋印塔 #榊原康勝 #大須賀忠政 #石塔 #歴史 #日本史



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

日本国内の石塔・石造物に関する記事と、歴史ドラマ・映画のレヴューを中心に書いています。

北関東の石造物

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。