榊原康政

北関東の石造物⑭:善導寺宝篋印塔(榊原康政の墓)

名称:善導寺宝篋印塔

伝承など:榊原康政の墓

所在地:群馬県館林市楠町 善導寺

徳川四天王の一人して知られる榊原康政は、徳川家康が関東に入部した際に上野の館林城主となった。

以来康政は生涯館林の領主であったが、その康政が菩提寺にしたのが善導寺で、境内には康政の墓と言う大型の宝篋印塔がある。

江戸時代に入ると宝篋印塔は相輪が巨大化して塔身が長くなり、笠の隅飾りは大きく外に開くようになるが、

もっとみる