見出し画像

背中

追いかける

今日も明日も明後日も

遠くないはずなのに遠い

華奢な肩幅、黒髪が揺れる姿を

ほんの少しだけ猫背なその姿を

何歩か後ろにさがって見ていたい

そこには恋をした時間と理由が詰まっている

友達である時間が長すぎたかもしれない

想いを告げることができないまま

いつものように話して、通りすぎるその

背中に

告げることができない想いそっと押し当てた

このまま眺めて終わる気がする

寂しいから

背中合わせで反対方向へ歩こうと思う。


#ポエム #詩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくれてありがとうございます。 スキしてくださるととても嬉しいです。 してくださらなくても、目を通してくれてありがとうございます。

とても嬉しいです。いいことありますように。
9

高野しりもち

大したものは書けないですが私の頭の中があなたの暇潰しになればとても嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。