自分の人生に、どんなふうに“子ども”を登場させるか

noteを始めて、わかったことがひとつある。たとえまだ結婚をしていなくても、なんなら付き合っているひとがいなくても。自分の人生に“子ども”というピースを、どんなふうに組み込むか。または、組み込まないか。同世代の女性のほとんどが、なんだか悩んでいる。

正直に言って、そんなにみんなが考えているとは、思っていなかった。特に、まだ産むことも産まないことも決めていない友達――いわば、子どもに関するさまざまな選択肢を残しているひとたちが、ずいぶん悩んでいる。自分の人生に、子どもをどんなふうに登場させるか、みんながそんなにも思案しているなんて、考えてもみなかった。

子どもを産むか、産まないか。私は産めるのか。産むとしたら、仕事はどうするか。辞める? 両立するなら、どんなふうに。そもそも、いつ産みたい? パートナーの意志はどうか。私の人生は、子どもでどう変わる? 自分の人生に、どんなふうに“子ども”に存在してほしい? ――ふつうの顔をして暮らしながら、一問一答を繰り返して、誰もが自分にとっての最適解を求めているみたい。

私のまわりには、子どもを産んでも仕事を手放したくない女性が多い。私もそうだったけれど、その場合は産むと決めたあとに、仕事との付き合い方を考えることになる。それまでの人生で自分が大切にしてきたことと、あらたに加わる大切なものの、ポジション取りの問題。でも正解なんてなくて、自分がここちよくいられるバランスと、それを実現するための方法を探して、なんとかやっていくだけなんだと思う。

先日受けたインタビューで「子育てをしながら、働き続ける理由は何ですか?」と、聞かれた。そういえば、考えたことがなかった。仕事が面白くて、好きだから。自分で収入を得たいから。外の世界とつながっていたいから。箇条書きの理由はすぐに思い浮かんだけれど、どれもあまりしっくりこない。結局ぽろりとこぼれたのは「自分の人生を大切にしたいから」という答えで、あとから自分でも、そうだったのかと思った。

私が妊娠したとき、友人や知人のほとんどが驚いた。祝福のあとに、たいがい「まだしばらく夫婦2人でやっていくんだと思ってた」と言われたし、何人かには「子どもはいらないんだろうと思ってた」とも言われた。周りからそんなふうに見えるくらい、私は当時の生活に満ち足りていたし、実際に「今すぐ子どもがほしい」というタイミングを迎えないまま、妊娠をした(詳しい決意の経緯はこちらの記事で)。

でも、子どもはいらないと思ったことはない。夫婦2人の生活もすごく素敵だけど、もし授かれるなら、いつかはほしいと考えていた。私が“自分の人生を大切にする”ということのなかには、自分のスタイルや仕事を尊重するだけでなく、できれば愛するひとと子どもを育ててみたい、という興味も入っていたから。自分の選択と納得にもとづいて、主体的な幸せに満ちた人生を送りたい。そのうちのひとつのピースとして、子どもが自然と組み込まれていた。

だけど、子どもを生み育てることと、私が自分の人生を生きることは、またすこし話が違う。子どもを育てるという選択は、確かに私のものだけれど、私がそれまで大切にしてきたことの代わりには到底ならない。子育ては、私の人生に加わるもの。決して、なにかに取って代わったり、なにかを奪っていくものじゃない。子どもを慈しみ育てていきながら、私は私の人生を、引き続き淡々と積み重ねていく。それが、いまの私の最適解。

Photo: 幼なじみの子どもと、私の子ども。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26

菅原さくら

フリーランスマザー

2016年3月に男児を出産。 フリーランスライターという立場からみる、妊娠・出産・育児のこと。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

ななな泣いてしまいました…。
色んな犠牲や決意があって、頭がぐちゃぐちゃになる日があって、これでいいかどうかわかんないけどとにかくやっていかなきゃいけない時があって、まわりは「わかってて、好きで作ったんでしょ」て言う。子どもたちの屈託のない笑顔の周囲に、胸から出てくる悲しい言葉や、人から言われた言葉がちかちか回って。

私も、こんな風に向き合っていけたら、いいな。
熱のこもったコメント、ありがとうございます! うれしい……!
なにより自分(たち)の納得と、選択を大切にしたいですね。しっくりこない周りの言葉は無視しましょう!笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。