こなれちゃん

嫌なことあった日はスクラッチくじしてから帰りたい。

二人の愛は、川のようだ

RIVER/tofubeats

なんとなく長く一緒にいた男の人がいた。
出会い方は良いとは言えず女関係における印象は最悪で、出会ったその瞬間に私はこの人のことを一生心から好きにならないようにしよう、容易に信用したら傷つけられるに違いないと確信した。

そんな人と何年も一緒にいたことを周りの人に不思議がられたけれど、答えられる明確な理由は今になっても思い浮かばない。浮かばないくらい溶け込んでしま

もっとみる

裸を見せたら負けなのか

どんな服も人前に出た瞬間から自分の身を守る鎧になりうる、と思っている。
服は人をあらわす記号だ。
特に女にとっての服は誰よりも私なんだよ、を表すための戦闘服であることが多い。ある種服によっては、自分の戦い方すら教えているような気すらする。

じゃあ、裸はなんだ。下着はなんだ。
鎧を脱いで負けを認めた状態か。と言われたらそうでもない気もする。

ある意味下着になる時は、この勝負は負けても勝ってもいい

もっとみる

忘れちゃう前に手紙を書くね

2013年の冬からなんとなく一緒に居るようになった元彼へ。

初めてあった時に、なんて綺麗な瞼なんだろうと感動した。あんまりおしゃべりしない人だから、伏し目がちになることが多くて、目元を見る度にもっと近くで見たいと思っていた。

大学1年の後期に同じ授業を履修して、やっと話す機会が増えた。あんまりちゃんと授業に来ない彼のためにレジュメ取ったり、リアクションペーパーを代筆したりしていた。授業の最終日

もっとみる

そりゃ誰だって選ぶ側になりたい。

社会人になったら、働きマンの松方弘子みたいになると思ってたけど、全然ダメだった。プライベートが仕事へのやる気を持っていっちゃう。

今の私は絶賛ヤダヤダ期の赤子と化していて、昨日の夜は泣きながら最愛の元彼に出張についてきて欲しいと泣きついていた。はっきりいって終わっている。
困った声で、頑張ってねと言われてまた泣いた。いや、頑張るためにはお前が必要なんだっつーの。私ゃ応援だけで気合いみなぎるような

もっとみる

愛と食欲

昔好きだった人と会う以外はほぼ水分で暮らしてたことがあると話すと大抵の人はドン引きする。

当時好きだった人とは週に一度食事をする仲だった。その人と会うその日まで食欲に蓋をして、週にたった一度だけ好きなものを食べる。もちろん一緒にご飯を食べている時は、我慢していたんだよ、なんて一言も口にしない。

週に一回のデートの幸福感たるやいなやなかった。その人と食事をすることで美味しいのはもちろん一週間ぶり

もっとみる

顔に自信が無い全ての女の子に捧ぐ

まず第一に、自分のタイプじゃない女にすぐそんなにかわいくなくね?ブスじゃね?という奴、今すぐ滅してくれ。
てめーの狭い美的感覚で美醜を判断する奴、インスタグラムで100人くらいの女の子の顔見てなにがかわいいのかわからなくなってくれ。

自分のことを話すと、幼い頃から顔面コンプレックスを患ってきた。どうしても自分をかわいいと思えなかった。でもブスだと言わた時に正々堂々と傷ついた顔をして、「こいつブス

もっとみる