一生かけてもこえられない師がいるから


昨年末、ミラノの師匠グイド・デ・ザンが、イタリアの出版社コッライーニから作品集「UN' IDEA DI LEGGEREZZA」を上梓した。彼は、これまでに数冊の本をだしているが、このように立派な本は初めて。

工房40周年を記念したもので、バイオグラフィから作品についてのテキスト(伊語/英語)の内容はすべて彼の偉大なる経験の賜物だ。ブルーノ・ムナーリの本を多数あつかう大好きな出版社ということで、喜びはひとしお。とにかく良書。

同じ陶芸家でも、いやモノをつくる人だれでも、勝負!とか悔しい!と思ったことがない。きっとこれからもきっと、そういう気持ちはわかないだろう。なぜならば、わたしにはおそらく一生かけてもこえられない師がいるから。

CORRAINI EDIZIONE(コッライーニ社)

弟子を退いたあのとき、師匠は「10年、自分のちからで続けられたら帰っておいで」と言った。そのとおりイタリアはもちろんヨーロッパにはつま先さえ踏み入れなかった。

その言葉を小さくちぎって、あちこちのポケットにお守りのように持ち歩いた。まちがえて洗濯機で洗ってしまっても、切れ端は残っていた。

そして、すっかりデジタルの時代になったころ、お守りの紙片をポケットに入れたまま「ミニ土鍋」を持って師匠に会いに行った。10年と少し越えていたから、胸をはって会いに行った。作品に対しての評価なんてこわくなかった。もはや、そういうことではなかった。なんといわれても、お守りがぼろぼろになっても、続けられたしあわせでいっぱいだった。師匠は作品を大事に手につつみながら「もうキミは弟子ではないよ、れっきとした陶芸家だよ」と言われたけれど、師匠が手に持った土鍋は小さく見えた。まだまだ超えていないよと、小さくホッとした。

わたしには、こえられない師がいる。

上写真:L'ex allieva Tamamia Azuma(前の弟子)と名前を載せてくれ(前の弟子であり、今は違うよと彼は毎度リスペクトしてくれているのだ)、さらにうれしいのは…。

下写真:donabe(土鍋)を提案しているとも書いてくれ、土鍋の説明まで書いてくれた。



最後に、おまけの映像。
40周年記念の贈り物として、ボローニャに住む友人アーティスト Chizu Kobayashiに「40」を形にしてもらった。同時に「コッチョリーノ」もつくってもらったので、師匠に協力してもらい、何回か練習なんかしちゃって記念動画を残した。師の工房は「COCCIO」わたしの工房は小さいを意味する「RINO」がついて「COCCIORINO(コッチョリーノ)」。

こえられない師がいることに誇りと感謝を。


【 ⇒EVENT INFORMATION@PICCOLO TEATRO DI MILANO】

Guido De Zan. Un’idea di leggerezza è il titolo del libro – edito da Corraini – dedicato ai quarant'anni di attività del ceramista Guido De Zan.
Alla presentazione intervengono, con l'artista, Anty Pansera, critico e storico del design, Eugenio Alberti Schatz, curatore del volume, Alberto Cavalli, direttore generale Fondazione Cologni dei Mestieri d’Arte, Flaminio Gualdoni,
critico d’arte.



このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お礼に風の音を!
45

tamamiazuma

うつわマガジン2019

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。