田中友香里

西洋占星術を使ったカウンセリングをしています。その人のもつ可能性や魅力は、時間にも物事の善し悪しにも捕らわれることのない素晴らしいものです。螺旋階段を昇るようにその人らしい呼吸と歩幅で歩めるように、そんなきっかけになれればうれしいです。https://ohialehua.net

ペンタクルスの3(2019年8月20日)

今日は小アルカナのペンタクルスの3です。

ペンタクルスは土の元素で、この中には火、水、風の元素が含まれています。
土の器に全ての元素を内包しています。

ペンタクルスは物質や肉体、資質を表し、小さな完成体を意味するのがペンタクルスです。

3の数字は生産性を表します。
3の原理はいろいろな言い方ができますが、能動、受動、中和の三つの要素がわかりやすいでしょう。

この三つの要素により、休みなく生

もっとみる

6恋人のカード(2019年8月19日)

今日は大アルカナの6恋人のカードです。

6恋人のカードは、人生の道が決まることを表します。
呼ぶ声に応えるように、自分の役割と使命がわかります。

呼ぶ声に応えるとは、パートナーを選択することでもあるし、職業や大きな意味で言えば「生き方」を選択することです。

それは人生を選択することであり、その道に入ることで責任や拘束が生まれることも事実です。
導かれるように、真の自己が選択する道には強制力が

もっとみる

夜明け(2019年8月20日)

2019年8月20日16:09から獅子座28度「大きな木の枝にとまるたくさんの小鳥」。
それまでは獅子座27度「夜明け」です。

夜が明けたかのように、新しい生き方が始まります。

使命や役割がわかり、これまでの孤独な旅は終わります。

誰とも同じではない、自分だけの道を歩み始めます。

思い描く壮大な物語は、日常の隅々を「希望」で満たしていくでしょう。

虹(2019年8月19日)

2019年8月19日15:12から獅子座27度「夜明け」。
それまでは獅子座26度「虹」です。

雨上がりに空に虹が架かるように、砂漠のような心に世界との橋がかかります。

虹を見つけたからか、単に思い込みなのか、自分の役割と使命に気がつき、心が震えます。

まだ具体的でなくても、その実感は確実に形になり世界にもたらされるでしょう。

夜が明けるように、新しい人生が始まります。

ワンドの9(2019年8月18日)

今日は小アルカナのワンドの9です。

ワンドは火の元素で精神性や哲学性を表し、9の数字もまた精神性や哲学性を表します。

9の数字は根本原理を表すので、その精神性には4元素すべてが組み込まれています。
火の元素だけにこだわることはないのです。

ワンドの9となると、火の元素に特化した精神性となり、それは強硬に信念を押し出すことになるでしょう。

今日のサビアンシンボルは獅子座25度「砂漠を横切るラ

もっとみる

砂漠を横切るラクダ(2019年8月18日)

2019年8月18日14:14から獅子座26度「虹」。
それまでは獅子座25度「砂漠を横切るラクダ」です。

誰かの価値観や評価ではなく、自分が大切にしていることから本当の自分の意志が生まれます。

砂漠を横切るラクダは、音のない静かな世界で、夜空に浮かぶ北極星を目印に、目的に向かって進みます。

不毛なことをしているような、誰のためにもならないことをしているような気持ちになるかもしれません。

もっとみる