Taro Yasuzawa

こいのぼり株式会社/TAICOCLUB Founder 2006年より12年間に渡りミュージックフェスティバルTAICOCLUBを主宰。日本有数の音楽フェスティバルへ成長させ、2018年にその幕を降ろした。今後は芸術性︎を社会に浸透させていくための仕組み及び場所を運営していく。

自らの意志を以って物事を終えられる幸せ 〜 12年続けたフェスを終えてみて 〜

最近では2019年1月27日に”嵐”が2年後の休止を発表し、大きな話題となった。

スポーツ選手でも全盛期に辞めたり、創業社長が早期に退任し、経営をプロに委ねたりするケースもあります。また、寺田倉庫のように事業を売却し、あえて規模を縮小したり、事業をpivotするケースなど”終える”にも様々な形があります。

TAICOCLUBを2016年に『あと2年で終える』と決め、次に目を向けた事で、現在は新

もっとみる

「初めての開催、そして2000万円以上の赤字に」 のその後 vol.3

2010年のTAICOCLUBを様々な視点で振り返っていきたいと思います。この年は外的な要因によってTAICOCLUBが注目される事になるタイミングでもあります。まずは皆さんも少し覚えているかもしれないあのドラマのお話です。

◆ モテキ

2010年4月26日(月)に制作会社であるオフィスクレッシェンドさんから事務所に連絡が入り、ドラマのフェスティバルのシーンを実際にお客さんがいる中で撮影できな

もっとみる

「初めての開催、そして2000万円以上の赤字に」 のその後 vol.2

初開催から3年目の2008年までのお話は以下の前回の記事にまとめてきましたが、その後2009年からの調子乗り期に関して書いていこうと思います。

遂に自分の開催するフェスティバルにSquarepusherが!!とにかく嬉しくって、当日のライブが始まった瞬間には鳥肌が立ったのを今でも覚えています。

では、実際の歩みについて振り返っていきましょう。

新しいメンバーの参加

2008年は何とか僕とM

もっとみる

2019年とこれから

明けましておめでとうございます。本年もゆっくりではありますが、色々と綴っていきますので、よろしくお願い致します。

2009年以降の話を書いている間に2019年になってしまいましたので、TAICOCLUBの過去の話は次回以降に引き続き残していきますね。今回は年初の挨拶を兼ねて今後の活動に関して少しだけ。

今までは僕らが主体となりフェスティバルなりイベントなりを開催してきましたが、その部分はもっと

もっとみる

「初めての開催、そして2000万円以上の赤字に」 のその後 vol.1

少し時間があいてしまいましたが、以前に書いた記事

初めての開催、そして2000万円以上の赤字に

の後どのようにTAICOCLUBが成長/変化していったのかを追っていきたいと思います。

別れの決断

2006年、2007年とフェスティバルの内容としてはとても素晴らしいものになりましたが、"集客”という一面から考えるとかなり厳しい状況でした。その頃の僕はというと日中はモデル事務所でモデルのマネー

もっとみる