IJUポータルサイト

移住支援制度が、充実している。

1 くらよし空き家バンク

 賃貸・売却希望のある空き家を募集・登録し、移住希望者へ情報提供。ホームページでも公開。


2 住宅取得支援制度

 県外から市内に移り住む人に対し、住宅を整備する費用の一部を支援する制度です。


3 お試し住宅

 やまの家・まちの家・湯治宿 など


4 空き家所得事業支援助成金

 「くらよし空き家バンク」を利用して空き家を購入する『①35歳以下の人』、又は、『②市外在住の人』に助成金15万円を交付します。


5 若者定住のための固定資産税減免制度

 35歳以下の若者が市内に住宅(共同住宅や賃貸住宅は除く)を新築したときに、3年間固定資産税の一部を減免。


▽その他はこちらから

倉吉市IJUホームページ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

麻田ゆういち

日本でいちばん、日本らしいまち。世界一高齢者が住みやすいまち(東洋経済)である鳥取県倉吉市にて、シニア層と若者層のイノベーティヴな交流を実現するのが目標。Trying to create the most ideal area for the elderly on earth!

鳥取県・倉吉市が選ばれる理由を探してみました

鳥取県庁によると、過去3年間で鳥取県には2,000人以上の人が移住したそうで。その魅力をぼくなりに探してみました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。