俺はフィギュアを見倒して温泉に浸かっただけだった・・・が、気ままな一人旅は楽しかった

なんかね、俺って人はある日突然フラッとどっか行きたくなるの。そういうお話。

<序>特急に乗った

1週間ぐらい前から、漠然と「倉吉方面に行きたい」と思い始めた。特に動機はない。なんか1人で気ままにどっか行きてえな、ぐらいの気分だった。だいたい俺は昔からそういう人間だから。糸の切れた凧みたいにどっかに行きたがる。当てなんかない。
だから最初は倉吉だけに行くつもりだったが、そうだ、せっかくだから温泉

もっとみる

26万冊のマンガ本と温泉

今月7日、鳥取県中部に位置する関金温泉の「グリーンスコーレせきがね」に、26万冊のマンガ本と温泉が楽しめる宿泊施設が開業したので、先週、1泊してきました。
https://www.green-squalle.com/まんが温泉/

倉吉駅からバスで30~35分に位置する「関金温泉」。近くにある「三朝温泉」と比べると知名度が低めですが、つくり込まれていない田舎の温泉街の雰囲気が残る、素朴な町です。

もっとみる

どちらを選ぶ?

今晩は、美馬整体院です。

最近、あちこちで「治療院」を沢山見かけるようになりました👀

まぁ、当院も周りから見れば「そのうちの1つ」に過ぎませんが…(笑)

しかし「癒しよりも改善」を掲げ「対処より予防」の重要性を謳っている治療院が何件あるでしょうか❓

美馬整体院では、回数券を取り扱っていません。

それは何故か…体を改善させる回数は、人それぞれで違うからです☝️

全員が同じ回数で改善する

もっとみる

写真の伝統が根付くまち。

戦前の全国写真家分布図によると、すでに鳥取県には500名以上の写真家がいて、その数全国5位だったとのこと。その後も確かに、多くの素晴らしい写真家が訪れ、住み、生まれ、育っています。

もっとも有名なのは、やはり植田正治。(Google検索ボリュームより)

うえだしょうじ。福山雅治の師匠とも。

▽植田正治写真美術館。

http://www.japro.com/ueda/

※ちなみにこの美術館

もっとみる

移住支援制度が、充実している。

1 くらよし空き家バンク

 賃貸・売却希望のある空き家を募集・登録し、移住希望者へ情報提供。ホームページでも公開。

2 住宅取得支援制度

 県外から市内に移り住む人に対し、住宅を整備する費用の一部を支援する制度です。

3 お試し住宅

 やまの家・まちの家・湯治宿 など

4 空き家所得事業支援助成金

 「くらよし空き家バンク」を利用して空き家を購入する『①35歳以下の人』、又は、『②

もっとみる

住みたい田舎ランキング全国3位。

『いなか暮らしの本』(宝島社)では毎年、定住促進に積極的な295市町村を対象に、10ジャンル全95項目のアンケートを実施し、“田舎暮らしに最適な自治体”をランキングしています。

アンケート項目は、田舎暮らしの実現に重要なポイントとなる「自然環境」「移住者支援制度の充実度」「子育てのしやすさ」「医療介護体制の充実度」などだそう。

その2013年版で倉吉市が全国3位になり、鳥取市が全国2位になった

もっとみる

ほんとうの地方創生とは?

<倉吉ブギーバック ~ うたうように、生きる。>

こんにちは、6年前に鳥取県倉吉市にUターンした麻田ゆういちです。東京大学時代は音楽・美術史に没頭し、社会に出てからはインテリア関係の会社役員、株式投資情報を扱うベンチャーIT企業を経験しました。今月から「潮流*」にて読者のみなさまと対話ができること、嬉しく思っております。

わたしは、昨年10月より倉吉市中心市街地活性化協議会のタウンマネージャー

もっとみる