発見のリスク

ポール・グレアム(Paul Graham)が執筆したエッセー「The Risk of Discovery」の日本語訳になります。

2017年1月

有名な科学者の伝記は彼らの過ちを削除しがちなため、私たちは彼らが進んで取ろうとするリスクの度合いを過小評価する。それに、有名な科学者がしたことは何でも間違いではなかったということがおそらく現在社会通念となっているので、彼らの選択はリスキーにも思えない。

例えば、ニュートーンの伝記は当然のことだが錬金術や神学より物理学に焦点を当てている。私たちが得る印象は、彼の誤りのない判断が他の誰にも気づかていなかった真実へ真っすぐに導いたということだ。彼がいつも錬金術と神学に時間を費やしたことをどう説明する? うーん、賢い人はしばしばクレイジーのような類いの人なのだ。

だけど、それにはより簡単な説明があるかもしれない。賢さとクレイジーさは、私たちが思うように分かれていないかもしれないのだ。物理学は私たちにとって取り組むのに前途有望なものに思え、錬金術や神学は明らかに時間の無駄に思える。けれども、それは私たちが物事が結果的にどうなるのか知っているからだ。ニュートンが全盛期のときには、3つの問題がおそらく同様に前途有望に思えただろう。私たちが物理学と呼ぶものを発明することでもたらされるものが何かまだ誰も知らなかった。もし知っていたら、より多くの人が物理学に取り組んでいたことだろう。そして、錬金術や神学は「もし真偽が真だったら、巨大だ。」とマーク・アンドリーセン(Marc Andreessen)が言い表すだろうカテゴリーにまだそのときいた。

ニュートーンは3つの賭けをした。そのうちの1つが上手くいった。しかし、それらはすべてリスキーだったのだ。

---------------

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくれて、ありがとう🙋🏻‍♂️ もし内容が気に入ったら、「❤️」ボタンを押していただくと喜びます🙌🏻 「Twitter」でのシェア&感想ツイートもお待ちしてます👍🏻 PayPayID「jack3」を検索すると、直接の金銭的支援が可能です💁🏻‍♂️

Thank You 🥳

Jackさん / マイクロ起業家

東京拠点の旅する"マイクロ起業家"🙋🏻‍♂️日本を旅しながら、ストーリーのあるコンテンツを発掘しています✌️🏻有名無名・自他推薦問わず、ストーリーのある人には直接取材しに行きます!岐阜出身 / Airbnbトラベラー / ストーリーテラー

ポール・グレアム(Paul Graham)の日本語訳エッセー

Jackがポール・グレアム(Paul Graham)の執筆したエッセーを日本語訳したnoteがまとめられたマガジンです。ポール・グレアムはスタートアップのインキュベーター「Yコンビネーター」の創業者として知られており、数多くの有名な起業家や会社を排出しています。彼から得られ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。